アイロンに水を入れる理由とは?水を入れなくても使えるの?

アイロンがけをすると
服のシワが伸びて気持ちいいですよね?

我が家のアイロンは水を入れて
使うようになっているんですが、

「そういえば、
アイロンに水を入れるのはなぜなのかしら?」

とふと疑問に思ったんですね。

今までは特に何も考えず、
アイロンを使う前には水を入れていたんですが…

「どうしてアイロンに水を入れるのか?」

ということについて調べてみたところ、

 

意外にも私と同じように、
アイロンに水を入れる理由について
知らない人も多かったので、

今回はアイロンに水を入れる理由について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

 

アイロンに水を入れる理由とは?

 

という事で、
どうしてアイロンに水をいれるの?
とふと疑問に思った私は、
その理由について調べてみたんですが、

アイロンに水を入れる理由は…
スチームを出すため
ということが分かりました^^

スチームを「ブシュー」と出して
アイロンがけをしていくためには
スチームのもとになる水が必要なので
当たり前といえば当たり前ですね(笑)

なんでこんな当たり前のことが
思いつかなかったのだろうと
後になって考えてみると
自分でもよくわからないですね(;´∀`)

で、
スチームはどんな使い方をするものなのか?
という疑問も出てきたので、

アイロンのスチームを使うべき
ポイントについて調べてみたところ
意外な事実が分かったので
一応このことについても書いていきたいと思います^^

 

スチームの上手な使い方

 

アイロンのスチームはどのような
使い方をするのが正しい使い方なのでしょうか?

まず、
スチームを使うときは、
スーツやプリーツスカート、
セーターなどのウール素材、
それから薄手の綿製品などの
アイロンがけをする場合に使います。

で、どんな感じで使っていくのかというと…

例えば、
スーツのズボンやプリーツスカートの
折り目を付ける時に使ったり、
セーターにスチームをかけて
繊維がふっくらとさせて
形を整えやすくしたりします。

逆に、
スチームを使わない方が良い
繊維もあるんですが…

それは、
ポリエステルなどの合成繊維や
綿、麻が代表的です。

このように、
繊維によってスチームを使った方がよかったり、
スチームを使う必要がなかったりするので、
アイロンがけするときは
何の繊維なのかをよく確かめて
適切な方法でアイロンがけを
することが大切になります(‘ω’)ノ

 

まとめ

 

今回は、アイロンに水を入れる理由や
スチームを使った方が良い時とそうでない時は
どんな時なのかということについて書いてみました。

アイロンに水を入れる理由は
スチームを使うためではあるんですが、
スチームを使ってアイロンがけをした方が良い時と
そうでない時があるので、
アイロンがけに慣れていない場合は
まずアイロンがけをする服の素材を確認して

「どのようにアイロンをかけるのが最適なのか?」

ということを調べてみてから
アイロンがけするようにした方が
良いかもしれません。

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです(#^^#)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください