アイロンゼッケンがはがれた時の対処法!剥がれない付け直し方とは?

我が家では、
幼稚園に通っている娘がいるので、

持ち物にはアイロンでつけるタイプの
お名前シールやワッペンを
つけることが多々あるんですが…

体操着につけるゼッケンは
毎日洗濯をするからかもしれませんが、
やたらはがれてしまうので、
なんとかはがれないようにできないものかと
割と困っていました(;’∀’)

で、
アイロンで接着するゼッケンが
はがれてしまった場合…

またアイロンを当ててあげると
貼り直すことができるので
はじめのうちはゼッケンがはがれたら
アイロンで貼り直していたんですが、
この方法だと貼り直しても
すぐゼッケンが剥がれてきてしまう
というのを繰り返してしまっていたので、

「体操着につけた
アイロン接着タイプのゼッケンを
剥がれないようにする良い方法は
ないのかしら?」

と思い、
いろいろと調べてみることにしたんですが、

 

すると、私と同じように
体操着につけたアイロン接着タイプの
ゼッケンがはがれて困っている人も
少なくないようだったので

今回は
体操着につけたアイロン接着タイプのゼッケンが
はがれた時の対処法について
ご紹介していきたいと思います^^

 

アイロンゼッケンがはがれた時の対処法!剥がれない付け直し方とは?

 

アイロンで貼ったゼッケンが
剥がれてしまう場合は
どのようにしたらよいのでしょうか?

これにはいくつかの方法がありますので
次にご紹介していきたいと思います。

 

1・たてまつり縫いで縫い付ける

 

まず、1つ目の対処法は、
たてまつり縫いで縫い付ける
という方法になります。

たてまつり縫いと聞いて
すぐピンと来る方は良いのですが、

たてまつり縫いについて
知らない方もいらっしゃると思うので、
たてまつり縫いについて少し解説すると…

たてまつり縫いは、
縫い目が目立ちにくく
縫いしろをぴったり隙間なく
縫い付けることができる縫い方です。

なので、
普通に縫うよりも
ゼッケンを縫い付けるのには
最適な縫い方といえます。

で、ゼッケンをたてまつり縫いで
縫い付ければゼッケンが取れてしまう
ということはほぼなくなりますし、
簡単に取り外すこともできるので
学年が変わってゼッケンを取り替えたい
となったとしても安心です!(^^)!

ちなみに、たてまつり縫いのやり方は
動画で解説されたものがあるので
良かったら参考にしてみてください(‘ω’)ノ

 

 

2・ミシンで縫い付ける

 

2つ目の対処法として、
剥がれてしまったゼッケンを
ミシンで縫い付ける
という方法があります。

ミシンで縫い付けるようにすれば
縫い目は手縫いよりもきれいですし
縫い目が頑丈でほつれないという
メリットがあります。

しかし、
ゼッケンはクラス替えだったり
学年が変わったりした時に、
取り替えなければならないので、

ミシンで頑丈に縫い付けてしまうと
付け替えたくなった時に、
簡単にゼッケンを取り外すことができない
というデメリットもあります。

もちろん、
もうゼッケンを取り替える必要がない
というような場合であれば
ミシンを使って見栄えよく
付け直すとよいのではないかと思いますが、

もし、これから先に
ゼッケンを取り替える可能性がある場合は、
つか替えがやりやすい
たてまつり縫いで
ゼッケンを付け直しておく
ようにした方が良いかと思います。

 

まとめ

 

今回は、
体操着につけたアイロンゼッケンが
はがれてしまった時の対処法について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

アイロンでつけるゼッケンは
かなり剥がれやすいので
なんとかして剥がれないようにしたい
と悩まれる方も多いと思いますが、

今回ご紹介した方法で付け直すようにすれば、
剥がれてしまう悩みから解放される
ことができるかと思います(笑)

という事で
この記事がお役に立てれば嬉しいです(#^^#)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください