キャッシュレス決済は使い過ぎが心配?使い過ぎを防止するアイデア!

 

キャッシュレス決済が使える場所が
どんどん増えている事や、
キャッシュレス決済をすることで
ポイントなどの還元が受けられる事で、
キャッシュレス決済を使おうと思われている方や、
使い始めたものの使い過ぎるのが心配で
使うのを躊躇してしまっている方も
少なくないのではと思います。

 

そこで、今回はキャッシュレス決済で
使い過ぎを防止するためには
どうすれば良いのか?という事について
考察や防止策についてみなさんに
シェアしていきたいと思います。

 

キャッシュレス決済の使い過ぎを防止するアイデア4つ!

 

キャッシュレス決済の使い過ぎを防止するためには、
極力現金と同じような形でキャッシュレス決済を
利用するというのが基本的に最も有効だと思いますが、
では具体的にどのようにキャッシュレス決済を利用すれば、
現金に近い形で利用できるのでしょうか?

 

1.後払いでないキャッシュレス決済を利用する

 

クレジットカードのように
支払った金額が翌月まとめて請求されるような
後払い式のキャッシュレス決済の場合は、
使っているうちに自分が今どれくらい
使ったのかが分かりにくくなってしまうため、
使い過ぎてしまう可能性が高いといえます。

 

一方で、使った分が即時銀行口座から
引き落とされるデビットカードや、
チャージした金額しか使うことができない、
電子マネーやスマホ決済アプリであれば、
現金と同じように残高以上に使う事はできませんし、
リアルタイムでどれくらい使っているかを
把握しやすいため使い過ぎる心配は少ないです。

 

2.使用するキャッシュレス決済方法を限定する

 

キャッシュレス決済の方法は、

 

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 電子マネー
  • スマホ決済アプリ など

 

様々なものがありますし、
それぞれにいくつもの種類があるため、
結果的にたくさんの種類の
キャッシュレス決済が使える状況になりがちです。

 

しかし、使うことができる
キャッシュレス決済方法が増えれば増えるほど
どれくらい使ったのかや何に使ったのか?
という事が分かりにくくなり、
管理するのが大変になってしまうため、
使い過ぎを止められなくなってしまう可能性もあります。

 

ですから、使うキャッシュレス決済方法は
出来る限り少なくし管理しやすい状況にする事が
使い過ぎの防止につながります。

 

3.オートチャージ機能を使わない

 

電子マネーやスマホ決済アプリでは
残高が少なくなったら設定した金額を
自動的にチャージすることができる
オートチャージ機能がついていますが、
オートチャージ機能を使ってしまうと、
使い過ぎの原因になるので注意が必要です。

 

そもそも、自分で残高にチャージしていれば、
いくらチャージしたか分かるので、
後どれくらい使えるのかを常に認識していられますが、
オートチャージ機能を使ってしまうと、
自分がどれくらいチャージしたか実際に
管理画面から確認しないと分からなくなるため、
金銭感覚が曖昧になり使い過ぎの原因になりやすいです。

 

4.ポイント還元キャンペーンに便乗して買い物しない

 

何かと大々的にポイント還元キャンペーンなどが
行われているキャッシュレス決済ですが、
こうしたポイント還元キャンペーンに便乗して
買い物をしてしまうのも実は使い過ぎの原因だったりします。

 

何もなければ買わないというものを
ポイント還元キャンペーンが行われているからと
買ってしまうという事は一見するとお得かもしれませんが、
無駄遣いをさせられてしまったというふうに
見れなくもありませんよね。

 

ポイント還元キャンペーンが行われている方が
お得に買い物できる事は間違いないのですが、
ポイント還元キャンペーンが行われているからと言って、
気をゆるめ過ぎて買い物してしまうと使い過ぎて
後で後悔
なんて事になってしまうので気をつけましょう。

 

まとめ

 

今回はキャッシュレス決済で
使い過ぎを防止するアイデアについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

 

キャッシュレス決済といっても
いろいろなタイプのものがありますので、
使い過ぎが心配な場合は、
現金払いに近いものを使うようにしたり、
オートチャージ機能のような便利機能を使わないようにしたり、
キャンペーンにつられて買い物し過ぎないようにすると、
安心してキャッシュレス決済を使えるのではないでしょうか?

 

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください