クッキングシートは油で揚げても大丈夫?ない時の代用品はある?

ドーナツを作ろうと思ってレシピを見ていたら、
「クッキングシートの上に生地を乗せ、
そのままクッキングシートごと油に入れて揚げます」
というように、

クッキングシートとドーナツを
一緒に油で揚げるようにと
書かれてあったんですが、

ふと、
「クッキングシートって油で揚げても大丈夫なの?
クッキングシートを油で揚げると
燃えたりしてしまいそう…」
と疑問に思いました。

そこで、クッキングシートは
油で揚げても大丈夫なのかどうか?
ということについて調べてみたところ、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、クッキングシートを
油で揚げることができるのかどうかや、
油で揚げるためのクッキングシートが
ない時に代用できるものはあるのか?
ということについてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^

クッキングシートは油で揚げても大丈夫?

 

「クッキングシートは油で揚げても大丈夫なのでしょうか?」
高温の油の中に薄いクッキングシートを
入れたら燃えてしまいそう…
なんて、思ってしまいそうですが、
実は、クッキングシートは油で揚げることができるんです!

揚げ物を揚げる時の油の温度は、
140℃~200℃となりますが、
クッキングシートの耐熱温度は250℃ほどあるので、
揚げ物を揚げる油の中に入れたとしても全く問題ない
というわけなんです。

ちなみに、クッキングシートなど
紙の発火温度は450℃以上と高いので、
200℃の揚げ物油の中に入れたとしても
燃え始めるということもありません。

なので、形が崩れて揚げるのが難しい
かき揚げを揚げる時は、
形が崩れないようクッキングシートの上に
乗せて揚げるのが一般的ですし、
海外に目を向けてみると、
シンガポールではクッキングシートに
鶏肉などを包んでそのまま揚げる
ペーパーチキンという人気料理があります。

なので、クッキングシートを揚げ物
油の中に入れるのは何も怖がる必要はないのですね。

ただ、クッキングシートのサイズが大きく、
鍋からはみ出して火に当たってしまうと燃えてしまうので、
クッキングシートを揚げる場合は、
鍋からはみ出さないよう注意してください。

 

油で揚げる時のクッキングシートの代用品になるものはある?

 

クッキングシートは油で揚げても大丈夫
ということは先程お話した通りなんですが、
もし、油で揚げるのにクッキングシートが必要なのに
クッキングシートがないという場合は、
何か他に代用できるものはあるのでしょうか?

油で揚げる時のクッキングシートの
代用品として使えるものは…

  • アルミホイル
  • コピー用紙

このどちらかがおすすめです。

アルミホイルの耐熱温度は600℃あるので、
当然問題ありませんし、
先程も少し触れましたが紙の発火温度は
450℃と高いのでコピー用紙も
揚げ物油の中に入れて揚げ物を揚げることができます。

紙にもいろいろありますが、
コピー用紙のようにややしっかりした
紙質のものの方が使い勝手が良いですね。

ちなみに、クッキングシートと似ている
ワックスペーパーというものがありますが、
ワックスペーパーは揚げる事ができないので
くれぐれも代用しないよう注意してください。

ワックスペーパーの表面のコーティングの
耐熱温度は80℃ほどしかないので、
コーティングが溶けてしまいますよ。

 

まとめ

 

今回は、クッキングシートは
油で揚げることができるのかどうかや、
揚げるのにクッキングシートが必要だけどない時に
代用できるものはあるのかどうか?
ということについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

クッキングシートを油の中に入れたら
燃えてしまいそう…と思っていたんですが、
実際はそんなことはなく、
普通に油でクッキングシートを
揚げることができたなんて驚きですね!

ということで、
もしよかったら参考にしてみてください(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください