電気ケトルの底にできる緑色の正体とは?体に害はあるの?

この間久しぶりに実家に
帰った時のことなんですが…

実家にあった古い電気ケトルの
底の部分が緑色に
なってしまっていたんです(;^_^A

「今まで気づかなかったの?」

と聞いてみたのですが、

「知らなかった」

というので、
おそらく、底が緑色になった
電気ケトルをしばらく
使い続けてしまっているようだったのですが…
この緑色の物体がもし体に害があったら…
と心配になったので、

電気ケトルの底が緑色になる原因や
体に害があるのかどうか調べてみたところ

同じように気になっている人も
いるみたいだったので、
今回は電気ケトルの底にできる
緑色の正体などについて
シェアしていきたいと思います^^

 

電気ケトルの底にできる緑色の正体!体に害はあるの?

 

電気ケトルの底にできる緑色の物体は何か
気になった私は早速その正体を
突き止めるべく調べてみたのですが…

結論からいってしまうと、
緑色の正体は、サビでした!

電気ケトルの底に使われている
金属はほとんどがステンレスなんですが、
ステンレスは「鉄・クロム・ニッケル」からできている
合金(いろんな金属が混ぜ合わされたもの)なんです。

で、クロムとニッケルがサビてしまうと
緑色のサビが発生してしまうそうなんですね。

通常、ステンレスは非常にサビにくい
素材ではあるんですが、
電気ケトルの場合底の同じ場所が
毎回強く加熱されてしまうので
古くなってくるとサビが発生するそうです。

私もこれには驚いたんですけどね(笑)

ちなみに、
体に害があるかないかでいうと…
それはサビの種類によって変わってくるので
安全な場合もあるし
害がある場合もあるようなので、

もし、電気ケトルの底に緑色のサビが
発生してしまっている場合は
使い続けないほうが無難だと思います。

 

電気ケトルの底が緑色になったら買い換え時

 

というわけで、
電気ケトルの底が緑色になってしまっている場合は
サビてしまっている可能性があるんですが…

もし、
電気ケトルの底にサビが発生してしまったら…
それはケトルの買い換え時
ということなんだと思います^^

いろいろと、
サビ取りの方法なんかもあるみたいですが、
ケトルってそこまで値段が高くありませんし、
新しいほうが機能が充実していたり、衛生的なので、
古い電気ケトルを無理に使い続ける必要は
そこまでないんじゃないかなぁと思います(‘ω’)ノ

で、ちなみに私は新しい電気ケトルを
実家にプレゼントしてから帰ったんですが、
割と喜んでもらえたようなのでよかったです( *´艸`)

 

まとめ

 

というわけで、
今回は電気ケトルの底にできる
緑色の正体についてでした^^

電気ケトルの底が緑色になってしまっている場合は
そろそろ買い換え時ということで
とらえるのがなんとなく無難な感じがするんですが…

我が家の電気ケトルは
まだまだ底が銀色に輝いているので
しばらくは大丈夫そうでした(笑)

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください