電気ケトルで沸かしたお湯がプラスチック臭い原因とは?体に悪い?

これまで我が家ではIHコンロと
やかんを使ってお湯を沸かしていたんですが…

友人から電気ケトルのほうが
絶対に便利だよ!
とすすめられたので、

とりあえず安い電気ケトルを
電気店で買ってきました^^

で、さっそく、
買ってきた電気ケトルで
お湯を沸かしてみたんですが…

ちょっとお湯からプラスチックのような
臭いがあったので気になりました。

「プラスチックの臭いがするのって
ケトル本体が溶けているのでは!?」

と、心配になり、
電気ケトルで沸かしたお湯が
プラスチック臭い場合の
原因について調べてみたのですが、
意外な事実が分かったので
みなさんにもシェアしていきたいと思います^^

 

電気ケトルで沸かしたお湯からプラスチックのような臭いがする原因!体に悪いの?

 

さて、買ってきた電気ケトルで
お湯を沸かしてみたものの、
沸かしたお湯から
プラスチックのような臭いがしたので、
原因が気になった私は
その臭いの原因について
調べてみることにしました。

調べてみた結果、
電気ケトルからプラスチックの臭いがする原因は…
プラスチックに使われている
添加剤が原因であることが分かりました。

つまり、電気ケトル本体そのものが
溶け出しているというわけではなくて、
プラスチックを加工するときに
使用された添加剤が微量ながら残っていて
それが、お湯を沸かしたときの
熱で溶け出してしまい、
プラスチック臭くなってしまっていたのです!!

ちなみに、
添加剤はプラスチックの性質をよくするための
働きがあるもので、
人体には害がないので、
体への影響は心配する必要がないそうです。

ただ、
プラスチック臭いお湯だと何を作っても
プラスチックの雑味が混じった
味になってしまうので
気になってしまいますよね?

私は、
かなり気になってしまう方だったんですが、
このプラスチック臭を消す方法もあったので
最後にそれをご紹介して終わりたいと思います( *´艸`)

 

プラスチック臭を消す方法

 

電気ケトルで沸かしたお湯が
プラスチック臭くなってしまう原因は…

プラスチックに使われた添加剤が
溶け出してしまう事が原因ということは
先ほどご説明した通りなんですが…

つまり、
プラスチック製の電気ケトルは
使い始めの頃は、
どうしても沸かしたお湯が
プラスチック臭くなってしまう
可能性があるということなんです。

 

で、使い続けているうちに
だんだんとにおいが気にならなくなっていくのですが…

逆にいうと、使いはじめに
何回も水を入れて沸かしてお湯を捨てる…

というのを繰り返してから、
電気ケトルを使うようにすれば
沸かしたお湯に臭いが
気にならない状態で使うことができるのです。

なので、
電気ケトルのお湯の臭いが
気になる場合は、
臭いがなくなるまで
水を入れて沸騰させてお湯を捨てるというのを
繰り返すしてみるようにするとよいですね(*’ω’*)

ちなみに、
この手順をやってみても
臭いがなくならない場合は、
電気ケトルの製造元に相談してみるか、
プラスチック製ではなく
ステンレス製の電気ケトルに
買い換えたほうが良いかもしれません。

 

まとめ

 

今回は、電気ケトルで沸かしたお湯から
プラスチック臭がしてしまう
原因などについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

もし、電気ケトルで沸かしたお湯が
プラスチック臭い場合は
今回ご紹介したように
何回か試運転させてから
電気ケトルを使用するようにすると
臭いが気にならなくなるかもしれませんよ!

ということで、
この記事が何かのお役に立てればうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください