電動歯ブラシで歯を磨く時に液体歯磨きを使うのはアリ?

白い歯ってとても魅力的ですが…
そんな白い歯を手に入れるべく、
電動歯ブラシを使い初める
なんて方も多いのではないでしょうか?

私も、白い歯に憧れていた1人なのですが、
これまでは手磨きで歯を磨いていたせいか、
なかなか思っているように歯を
白くすることがができなかったんですが、
電動歯ブラシは歯垢除去力が高く
使うと自然と歯が白くなるということで、
電動歯ブラシに切り替えたところ、
だんだん歯が白くなってきて嬉しかったんですが、

「そういえば、液体歯磨きって
電動歯ブラシで使っても問題ないのかしら?」

と疑問に思ったので、
このことについて調べてみたところ、

私と同じような疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、電動歯ブラシで歯を磨く際に、
液体歯磨きを使用するのは良いのかどうか?
ということについてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^

 

電動歯ブラシで歯を磨く時に液体歯磨きを使うのはアリ?

 

液体ハミガキと電動歯ブラシの
相性は良いのでしょうか?

結論から言ってしまうと、
電動歯ブラシと液体ハミガキの相性は抜群で
積極的に使った方が良い
ということが分かりました。

 

●電動歯ブラシと液体歯磨きの相性がよい理由

 

市販の手磨き歯ブラシ用の歯磨き粉には、
歯の表面の着色汚れを落とすために
「研磨剤」というのが含まれているので、
洗浄力の高い電動歯ブラシに
研磨剤入りの歯磨き粉を使ってしまうと、
歯の表面のエナメル質が削れてしまい、
削れた部分にさらに歯垢が溜まりやすくなってしまったり、

普通の歯磨き粉に含まれている発泡剤によって、
泡立ちが良すぎてブラッシング中に
泡が飛び散って歯磨きに集中できず、
しっかり歯を磨ける前にうがいをしたくなったりして、
磨き残しが増えてしまう原因になるため、

 

市販の歯磨き粉と、電動歯ブラシとの相性は
良いとは言えないのですが…
液体歯磨きは、
普通の手磨き用の歯磨き粉と違い、
研磨剤や発泡剤が入っておらず
電動歯ブラシと相性が良いため、
電動歯ブラシを使っている場合は
積極的に使用していくべきアイテムになるんです!

ちなみに、
液体歯磨きは口全体の殺菌効果があるため、
歯垢の沈着予防や口臭予防の効果もあるので、
電動歯ブラシを使っている場合は
液体ハミガキを使って磨くのがベストな選択
と言っても過言ではありません。

 

・電動歯ブラシに普通の歯磨き粉をつける時の注意点とは?

 

液体ハミガキと洗口液の間違いに注意!

 

電動歯ブラシと液体歯磨きの
相性は抜群に良いということは
先程お話した通りなんですが、
液体歯磨きは洗口液(マウスウォッシュ)と
良く似ているので間違わないよう注意が必要です。

洗口液というのは…
歯磨きをした後に口をすすぐためのもので、
口の中の乾燥や細菌の繁殖を
予防するためのものなんですが、

液体歯磨きは歯磨き粉の代わりになるものなので、
洗口液(マウスウォッシュ)とは別物になります。

 

私が使っている液体歯磨きは
リステリンのトータルケアというものなんですが…
リステリンの場合、
色々な種類がありますが、
液体歯磨きに分類されるのは
トータルケア(紫色)だけです。

 

 

ボトルの前の表示部分を見てみると…

 

 

 

というように、
紫色のリステリンは「液体歯磨き」
黄色のリステリンは「洗口液」
と表示されていますが、

電動歯ブラシを使っている場合、
「液体歯磨き」と表記されているものを
歯磨き粉代わりに使うと良いのですね^^

 

もちろん、洗口液(マウスウォッシュ)は
自分が好きなタイミングで、
口をすすぐことでさっぱりできる
というメリットがありますが、
電動歯ブラシで歯を磨く時に、
歯磨き粉の代わりに使えるものとなると
「液体歯磨き」になりますので、
液体歯磨きと洗口液を間違わないよう
注意していただければと思います。

 

まとめ

 

今回は、
電動歯ブラシで歯を磨く時に
液体歯磨きを使用するのはアリなのかどうか
ということについて書いてみましたが
いかがだったでしょうか?

電動歯ブラシで歯を磨く時に
液体歯磨きを使用するのは全然アリなんですが、
液体歯磨と洗口液は一見同じように見えますが
用途が異なるものなので、
間違わないよう気をつけて下さいね^^

ということで、
この記事がなにかの参考になれば嬉しいです(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください