【電動歯ブラシ】ブラシの根本についた汚れや水垢を落とす方法!

先日、電動歯ブラシで歯を磨き終わって
ブラシを水で洗い流していたら、
ブラシの根本部分が薄ピンク色っぽく
なっているのに気がついたんですΣ(´∀`;)

「こんな汚い電動歯ブラシで歯磨きしてたなんて…」
と衝撃を受けた私は、
とりあえず水で流しながらブラシの根本を
指で擦ってみたんですが、
汚れが落ちる気配がなかったので、
「どうにかしてブラシの根本についた汚れを
落とす方法はないものか…」と思い、
電動歯ブラシのブラシの根本についた
薄ピンク色の汚れを落とす方法について調べてみると…

ブラシの根本の薄ピンク色の汚れの正体は、
水垢ということが分かったんですが、
私と同じように電動歯ブラシについてしまった
水垢を落とす方法について知りたいと
思っている方も少なくないようだったので、

 

今回は、
電動歯ブラシのブラシについた
水垢を落とす方法などについてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^

 

【電動歯ブラシ】ブラシの根本についた水垢を落とす方法!

 

では、早速
電動歯ブラシのブラシの根本についてしまった
水垢を落とす方法について
ご紹介していきたいと思います^^

 

◆用意するもの

 

電動歯ブラシのブラシについた水垢を落とす場合は
次のものが必要になるので用意しましょう。

 

  • クエン酸(食品用、又は医薬品用) … 小さじ1
  • 水                 … 200ml
  • コップ    

 

クエン酸には、「掃除用・食品用・医薬品用」
と3種類ありますが、

電動歯ブラシの水垢を掃除するのに使う場合、
不純物が入っていない「食品用か医薬品用」の

クエン酸を使用するようにしてください。

 

◆水垢を落とす手順方法

 

以上の3つが用意できたら
電動歯ブラシの水垢を次の手順で
落としていきましょう!

 

  1. コップに水200mlを入れクエン酸を小さじ1を入れ溶かす
  2. クエン酸水にブラシを入れ1晩つけおきする
  3. クエン酸水からブラシを取り出し流水で洗い流す

 

なんと、このようにクエン酸水を作って
ブラシを1晩つけおきするだけで、
電動歯ブラシの根本部分についてしまった
水垢をきれいに落とすことが出来るんです♪

 

こんな方法で電動歯ブラシの水垢を落とそうとするのはNGです

 

というわけで、
電動歯ブラシに付着してしまった
水垢はクエン酸を使うときれいに
することができるということだったんですが…

 

ここからは、こんな方法で電動歯ブラシの
水垢を落とそうとするのはNG
という事について
ご紹介していきたいと思います^^

 

●NGな方法1・ハイターを使う

 

電動歯ブラシのブラシの水垢を落とす時に
してはいけない方法の1つ目は…
ハイターを使うということになります。

 

確かに、ハイターでつけおきすれば、
ブラシに付着した水垢を落とす事はできるのですが、
ブラシをしっかり水で洗い流しても、
ハイターがブラシの隙間に残ってしまっていると、
健康に良くありませんので、
電動歯ブラシのブラシの水垢を
掃除するのにハイターは使わないようにしましょう。

 

●NGな方法2・熱湯消毒・煮沸消毒する

 

電動歯ブラシのブラシの水垢を落とす時に
してはいけない方法の2つ目は…
ブラシを熱湯消毒、煮沸消毒する
という方法になります。

 

そもそも、ブラシを熱湯消毒や煮沸消毒しても、
ブラシの根本に付着してしまった
水垢は落すことができませんし、
ブラシに熱湯をかけたり入れてしまうと、
溶けて変形してしてしまう場合があるので、
電動歯ブラシのブラシは熱湯を使った掃除
をするのはNGということになります。

 

まとめ

 

今回は、電動歯ブラシのブラシについた
水垢を落とす方法について書いてみましたが
いかがだったでしょうか?

 

ブラシは直接口の中に入れるので、
水垢で汚れてしまっているときれいにしたくなりますが、
今回ご紹介したように正しい方法で掃除しないと
ブラシを傷めたり体調を崩してしまうといった
原因になる可能性もあるので注意してくださいね。

 

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください