電気ケトルを空焚きした時の対処法!故障したり火事になる可能性がある?

空焚きって
気を付けなければならないですが…

この間、私はあろうことか
ケトルを空焚きしてしまったんですよね~(;´・ω・)

で、空焚きしてからというもの
ケトルの電源が入らなくなってしまったので、
ケトルが故障したのでは…
というような感じで慌てたんですが、

ケトルを空焚きした後に
電源が入らなくなってしまうのは
実は普通のことみたいなんです。

 

電気ケトルを空焚きした体験談

 

この間…電気ケトルで
お湯を沸かそうとしたときのことなんですが…

ケトルに水が入っているかどうか
確認しないままスイッチを押してしまったんですね(;^_^A

普段は多少水が残っているので
そのまま押してしまっても大丈夫だったんですが、

その時はケトルに水が全く入っておらず、
少ししてからケトルを見てみたときには
ケトルが空焚き状態になっており
かなり熱くなってしまっていたんです(*_*)

とりあえず…
熱くなっているケトルを冷まそうと
ケトルに水を入れてみたら、
底の部分でジュワっと蒸発してしまったので、

「これはかなり熱くなってる!?
どうしよう…」

という感じだったんですが、

「とりあえず、冷えるまで待ってみよう」

と、思いすこし待ってみることに…
で、ケトルに水を入れてもジュワっと
ならなくなってきたので、
水を入れて沸騰させようと思い
ケトルのスイッチを入れてみたんですが

ケトルの電源が入らない…(-_-;)

「もしや、これは故障??」

と思い、
ケトルを空焚きしてしまうとどうなるか?
ということについて調べてみたんですが、

ケトルを空焚きして電源が
入らなくなってしまうのには
ちゃんとした理由があったんです!

 

電気ケトルを空焚きしてしまった時の対処法

 

電気ケトルを空焚きしてしまい
ケトルの電源が入らなくなってしまった
私だったんですが…
空焚きした後にケトルの電源が
入らなくなってしまうのは、

実は、正常なことだったんです!

最初は私も、

「え?そうなの???」

とかなり驚いたんですが、
実はケトルを空焚きしても
しばらくしてケトルが完全に冷めると
また普通に使えるようになる場合がほとんどなんです^^

で、
どうしてケトルが完全に冷えると
また普通に使えるようになるのか?

ということなんですが、
これは…
電気ケトルのスイッチが自動的に
止まる仕組みが関係しています(‘ω’)ノ

ケトルの電源が自動的に止まるのは
バイメタルという金属が
電源部分に使われているからなんですが、

このバイメタルは熱せられると
反り返るという性質があって、
ケトルのお湯が沸騰すると
バイメタルが熱せられて反り返って
電源部分の接触が離れるので
ケトルの加熱が自動的に止まるようになっています。

で、ケトルを空焚きしてしまったときも
バイメタルが加熱されてしまっているんですね。

つまり、ケトルを空焚きした直後は、
バイメタルが反り返っていて
電源が接触しないようになっているので、
バイメタルが冷えるまでは
スイッチを入れても電源が入らない…
という状態になっているんです^^

・沸騰すると自動的に止まるケトルの仕組みとは?

なので、
ケトルを空焚きしてしまった場合は
慌てずにケトルが冷えてまた使えるようになるまで
待つようにしましょう!

 

空焚きしたケトルが冷めても電源が入らない場合は販売元に確認しましょう

 

ということで、
電気ケトルを空焚きしてしまった場合は
ケトルが冷えるまで待てばOK
ということだったんですが、

もしも、
ケトルを十分に冷やしても
電源が入らないという場合は…

ケトルが故障してしまっている可能性が高いので、
ケトルを使うのを中止して
販売元のメーカーに連絡して適切な対応を取るか、
ケトルを新しいものに交換したほうが良いでしょう。

というのも…

空焚きによってケトルが通常よりも熱くなったり、
過電流が流れたりすると
バイメタルが正常に動作しなくなったり、
温度ヒューズが切れてしまう
という可能性があるからです。

で、こうした部品が故障したまま
ケトルを使ってしまうと
最悪は火事になってしまう…
なんて可能性すらあるようなので
気を付けたいですね(-ω-)/

 

まとめ

 

今回は、電気ケトルを空焚きすると
どうなるのかということなどについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

通常、ケトルを空焚きしてしまったとしても
空焚き防止装置が作動して、
空焚きをストップしてくれるようになっていて、
ケトルが冷えるとまた普通に使えるようになる
ということがほとんどのようなんですが、

もしも、空焚きしたことで
ケトルの電源が入らなくなってしまったり、
正常に動作しなくなってしまった
というような場合は
ケトルが故障してしまった可能性が高いので、
サポートセンターに問い合わせて修理を依頼するか
ケトルを交換するようにした方が良いかと思います^^

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです ^^) _旦~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください