不織布にアイロンをかけると溶ける?不織布のしわを取る方法!

クローゼットの中の服って
いつの間にかぎゅうぎゅうに
なってしまいますよね?

我が家では先日ぎゅうぎゅうになった
クローゼットの服を整理することになり、
衣類カバーをたくさん
押し入れから出してきたんですが…

衣類カバーのシワがひどく
服をキレイにしまえる
状態ではありませんでした(;´∀`)

そこで、
なんとかして衣類カバーの
しわを伸ばす方法はないかと
考えてみたのですが、
しわ取りといえばアイロンということで、

衣類カバーをアイロンがけすれば
シワがとれるのではないかと思い
アイロンをかけてみたんですが、

残念なことにアイロンを当てたら
衣類カバーが溶けてしまったんですね(;^_^A

衣類カバーに使われている
繊維は「不織布」というものだったので、
不織布はアイロンがけしても
良いのかどうかということについて
慌てて調べてみたんですが、

 

私と同じように
不織布にアイロンをかけてよいのかどうか
疑問に思っている人も少なくないようだったので、

今回は
不織布にアイロンをかけてよいのかどうか
ということについて書いていきたいと思います^^

 

不織布ってなに?アイロンをかけても良いの?

 

さて、私がアイロンで溶かしてしまった
不織布という繊維なんですが、
不織布は一体どういうものなのでしょうか?

「不織布」は、
化学的に繊維を絡み合わせ
シート状にしたものになります。

で、一口に不織布といっても、

  1. 天然繊維(綿、麻、絹など)
  2. 合成繊維(ポリエチレン、ナイロン、ポリエステルなど)

というように、
使われている素材は様々あるんですが…
どの繊維から作られているかによって
不織布の耐熱温度も変わってきます。

で、不織布にアイロンがけを
してもよいのかどうか
ということなんですが、

結論からいってしまうと、
不織布にアイロン
をかけることは可能です(‘ω’)ノ

可能なんですが、
不織布の場合かなり低温で
アイロンがけしないと
生地が溶けてしまう可能性があるので、
その点は注意が必要です。

例えば、化学繊維からできている
不織布の場合耐熱温度は100℃くらい
となりますので、

アイロンを低温設定にしたとしても
80℃~130℃ありますので
溶けてしまう可能性があります。

逆に天然繊維からできている不織布の場合は
溶けない可能性もありますが、
接着材などが使われている場合
接着剤が溶けてしまうという可能性もあるので、

不織布にアイロンがけをする場合は
かなり慎重にアイロンがけしなければ
ならないと考えた方が良いかと思います。

 

不織布を溶かさずにアイロンがけする方法!

 

ここまでは、
不織布がどのようなものなのか
ということについて書いてみたんですが、

ここからは、
不織布が溶けないように
アイロンがけするには
どうしたら良いのか?
ということについて
ご紹介していきたいと思います^^

不織布にアイロンがけする場合は
当て布をしながら低温でアイロンがけを
していくようにします。

ここで、

「当て布って何ですればいいの?」

と疑問に思われた方もいるかと思うんですが、
当て布は綿100%でできた
タオルやハンカチを使用すればOKです。

また、当て布をしているからといって
不織布にアイロンを当てているときは
不織布が熱で溶けてしまっていないかどうか
気を付けて見るようにしてださい!(^^)!

 

まとめ

 

というわけで、今回は、
不織布にアイロンをかけてもよいのかどうか
ということについて書いてみました。

不織布に使われている繊維によって
熱に強いか弱いかというのは
違ってくるのですが、
不織布のアイロンがけをする際は
当て布をし低温設定でアイロンがけを
するようにしてみてください(‘ω’)ノ

という事で
この記事が何かの参考になれば嬉しいです(#^^#)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください