ハンバーグのタネは冷蔵庫で寝かせるべき?最適な寝かせる時間は?

家庭料理のごちそうといえば、
みなさんは何を思い浮かべますか?

我が家ではハンバーグがその1つなんですが、
ハンバーグを美味しく焼くのって結構難しく
最初のうちは焼いた時崩れてしまったり、
焼き加減を失敗して焦がしてしまう…
ということも多いです。

何度か作っていくうちに
こうした失敗もしなくなっていくのですが、
もっと美味しくハンバーグを焼きたいと思った時に、
タネを冷蔵庫で寝かせた方が美味しく焼ける
という事を知ってチャレンジしてみたい
と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私も今になってハンバーグのタネを
冷蔵庫で寝かせてから焼いているのですが、
最初のうちはタネを寝かせずに焼いていて、
ハンバーグに限った事ではありませんが、
料理を美味しく作れるかどうかは、
ひと手間を加えられるかどうかが重要ですよね。

今回は、ハンバーグのタネを冷蔵庫で
寝かせるとどんな違いがあるのかという事や、
ハンバーグのタネの最適な寝かせ時間について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

ハンバーグのタネを冷蔵庫で寝かせると美味しくなるのはなぜ?

 

ハンバーグのタネを冷蔵庫で寝かせるのには
どのような理由があるのでしょうか?

ハンバーグのタネを寝かせるのには、

  1. タネに水分と油分を馴染ませ崩れにくくする
  2. 肉の旨味成分のアミノ酸を増やしジューシーさを出す

という2つの目的があります。

こねたばかりのハンバーグのタネは、
水分や油分などがまだよく馴染んでいないため、
タネがしっかりとしておらず、
そのまま焼いてしまうとすぐ崩れてしまって
うまく焼けないという事になりやすいですし、

また、タネがしっかりしていないと、
すぐに水分や肉汁が流れ出してしまって、
焼き上がりがパサパサになってしまう原因になります。

また、お肉は少し熟成させた方が
旨味成分のアミノ酸が増えるため美味しくなりますので、
ハンバーグのタネが出来たら少し寝かせて
熟成を進ませるとジューシーさがアップして
さらに美味しいハンバーグになるのです。

 

ハンバーグのタネを冷蔵庫で寝かせる最適な時間は何分?

 

さて、ハンバーグのタネを冷蔵庫で寝かせると
美味しくなる理由は先程お話した通りですが、

ここからは、ハンバーグのタネを
冷蔵庫で寝かせる最適な時間や、
どのように寝かせるのが良いのか?
という事についてご紹介していきたいと思います。

まず、ハンバーグのタネを冷蔵庫で
寝かせる時間はどれくらいが最適なのか?ですが…
ハンバーグのタネを冷蔵庫で寝かせる
最適な時間は1~3時間になります。

「できるだけ、たくさん寝かせた方が良いのでは?」
と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
寝かせすぎてしまうと肉の鮮度が落ちてしまいますし、
また、細菌が増えて食中毒が起こってしまうなど
問題が出てきてしまうため、
1~3時間が最適な寝かせ時間になります。

また、
「ハンバーグのタネを寝かせるのは
冷蔵庫でなく常温でも良いのでは?」
と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
常温だと肉の鮮度が落ちてしまうスピードも、
細菌が増えるスピードも速まってしまいますので、
ハンバーグのタネを寝かせる際は、
冷蔵庫のチルドルームもしくは冷蔵室で
寝かせるのが基本です。

ハンバーグのタネを寝かせる際は、
こねたタネをハンバーグの大きさに分けたら、
空気が入らないようラップに丁寧に包んでいき、
密閉袋に入れてチルドルームに入れて
寝かせるようにしましょう。

こうして寝かせるようにするだけで、
お肉の鮮度を守る事ができますし、
細菌が増えることも予防する事ができます。

 

まとめ

 

今回は、ハンバーグのタネを
冷蔵庫で寝かせる理由や、
最適な寝かせる時間などについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

ハンバーグのタネは冷蔵庫で
1~3時間ほど寝かせるようにすると、
崩れにくくなり焼きやすくなりますし、
また、味が全体に馴染んだり旨味成分が増えるので、
よりジューシーなハンバーグになります。

ということで、
もしよかったら参考にしてみて下さい(*´∀`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください