【ホームベーカリー】ドライイーストを入れる最適なタイミングとは?

最近、我が家では、
ホームベーカリーでパンを焼くのに
ハマっているんですが…
たまにパンがきれいに膨らまず
焼き上がりがイマイチな時が
あるんですよね(´・ω・`)

「一体どうして、
パンが上手く焼きあがる時と
そうでない時があるの?」

と不思議だったんですが、

「もしかしたら、
パンを膨らませる役割がある
ドライイーストが何か
関係しているのかも!」

と思い、ドライイーストを
ホームベーカリーに入れるタイミング
などについて調べてみたところ、

 

私と同じようにドライイーストの
扱い方について疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、ホームベーカリーで
パンを上手に焼き上げるためには
ドライイーストをどのように入れたら良いのか?
ということなどについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

 

【ホームベーカリー】ドライイーストを入れる最適なタイミングとは?

 

ホームベーカリーでパン作りをする時に、
欠かせないドライイーストですが…

このドライイーストは
一体どんなタイミングで入れると
パンを上手く膨らませる事が
できるのでしょうか?

 

基本的に、
ドライイーストは材料を入れる際に
一緒に入れてしまってOKなのですが、
入れ方にちょっとしたコツがあるんですね^^

それはどんなコツかというと…

ドライイーストを入れる際、
強力粉を入れた後上に少しくぼみを作り
そのくぼみの部分にドライイーストを入れ、
ドライイーストが水や他の材料と触れないようにする
ということになります。

 

というのも、ドライイーストは、
水に触れると勝手に発酵が進んでしまったり、
塩やバターに触れると発酵が阻害されてしまう
という性質があるためなんですが、

 

例えば、パンが焼きあがる時間を
数時間後に予約したと仮定して、
パンが作られる前にドライイーストが
水に触れてしまっていたとすると、
その段階でドライイーストが
発酵してしまっているので、
パンがうまく膨らまない焼き上がりに
なってしまいます。

なので、繰り返しになりますが、
パンケースに材料を入れる際は…

 

  1. パンケースに水を入れ強力粉を被せるように入れる
  2. その上に砂糖、塩、スキムミルク、バターをそれぞれ区切って入れる
  3. 強力粉の中央を少しくぼませてドライイーストを入れる

 

このような感じで
ドライイーストが強力粉以外の材料と
触れないように入れる事が大切です。

 

ドライイーストを自動で投入してくれるホームベーカリーもあるみたい

 

パンをふっくら焼き上げるためには
ドライイーストが丁度良い加減で
発酵してくれる必要があるので、

ホームベーカリーでパン作りを
成功させるためには、
ドライイーストの扱い方が
とても大切になってきます。

なので、
先程ご紹介したように材料を入れる際は
ドライイーストが強力粉以外に触れないように
入れていく必要があるんですが、

このようにドライイーストを慎重に
材料の上に入れるというのが
面倒に感じてしまうなんて方も
いらっしゃるのではないでしょうか(笑)

 

そんな私も、その1人なんですが、

少し調べてみると、
ドライイーストを最適なタイミングで
自動投入してくれる機種もあるようで、
お値段は少々高めにはなりますが、
安定して美味しいパンを作る事ができる
という口コミが少なくないですね。

なので、毎回失敗せずパンを
焼き上げたいという場合は、
ドライイーストを自動投入してくれる
機種を選ぶと良いかもしれません(#^.^#)

・ホームベーカリーランキング【楽天市場】

 

まとめ

 

今回は、ホームベーカリーでパン作りする時、
ドライイーストを入れるタイミングはいつが最適なのか?
ということなどについてご紹介しましたが、
いかがだったでしょうか?

ホームベーカリーでパンが上手く
膨らまないというような場合は、
ドライイーストの扱い方に気をつけてみてくださいね^^

ということで
この記事が何かの参考になれば嬉しいです\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください