【ホームベーカリー】バターの正しい入れ方は固形?それとも溶かす?

みなさんは、
ホームベーカリーでパンを焼く時に
バターはどのように入れていますでしょうか?

 

最近、我が家の
ホームベーカリーで焼いたパンの
膨らみが悪いことが多かったので、
どうしてパンの膨らみが
悪くなってしまっているのか
気になっていたんですが…ふと、

「スポンジケーキを作る時は、
バターを溶かしてから入れていた」
ということを思い出し、

「もしかして、ホームベーカリーで
パンを焼く時もバターは溶かしてから
入れないと上手く焼けないのかしら?」
と疑問に思いました。

 

ただ、バターの入れ方は
作るものによってまちまちなので、
とりあえず、ホームベーカリーで
パンを作る時の正しいバターの入れ方
について調べてみる事にしました。

 

で、調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので…

今回は、ホームベーカリーでパンを作る時の
正しいバターの入れ方について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

 

【ホームベーカリー】バターの正しい入れ方

 

ということで、
ホームベーカリーでパンを作る時の
バターの正しい入れ方について
気になっている方も多いようですが…

パンを焼く時に使うバターは
固形のまま入れるのが正しい入れ方
になります!

 

では、なぜ溶かしたバターを使わないのか?
ということなんですが…
溶かしたバターを入れてしまうと、
パン生地の中の気泡を消してしまい、
発酵中に出るガスがつぶされて、
パンの膨らみが悪くなってしまうからです。
なので、我が家のパンの膨らみが悪いのは
どうやらバターの入れ方が
原因ではなかったようですね(笑)

 

また、冷蔵庫から出したばかりの
冷えた状態のバターのまま入れてしまうと、
生地との馴染みが悪くなって
焼き上がりが悪くなる場合があるので、
バターを入れる前に、
一度バターをラップにくるんで
手のひらで少し温めてから、
入れるようにすると良いそうです(#^.^#)

 

 

ということで、一度まとめると…
パン生地に使うバターは、
固形かつ常温に戻したものを入れる
というのが正しい入れ方になるので、
覚えておくようにしましょう^^

 

 

まとめ

 

今回は、
ホームベーカリーでパンを作る際に使うバターは、
固形のまま入れるのが正しいのか?
それとも溶かしバターを入れるのが正しいのか?
ということについて書いてみました。

溶かしバターを使うレシピもあるので、
バターを使う際は溶かすか溶かさないか
迷ってしまう事もあったりしますが、
パン生地に入れるバターは
固形のまま入れるのが正しい入れ方となるので、
溶かしバターを使わないよう注意しましょう。

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです(#^.^#)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください