ホームベーカリーで焼いた食パンは常温保存でどのくらい日持ちする?

ホームベーカリーは
無添加の健康的なパンが焼ける
のもメリットのひとつですよね?

我が家では、
健康に気を遣っているので
ホームベーカリーでパンを焼いて
食べるようにしているんですが…
ホームベーカリーの食パンは
保存料などの添加物を使わない分、
乾燥して固くなるのが速いので、
食べきれずに残してしまうと、
あっという間にパンが悪くなって
しまうんですよね(;´∀`)

なので、
「ホームベーカリーで焼いたパンは
常温でどのくらい日持ちするものなの?」
と疑問に思ったんですが、

 

この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

 

今回は、
ホームベーカリーで焼いた食パンは
常温保存でどのくらい日持ちするのか?
ということや、パンを長持ちさせる方法について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

 

ホームベーカリーで焼いた食パンは常温保存でどのくらい日持ちするの?

 

ということで、
ホームベーカリーで焼いた食パンは
常温保存でどのくらい日持ちするのでしょうか?

 

結論から言ってしまうと、
ホームベーカリーで焼いた食パンを常温保存した場合、
美味しく食べることが出来る期間は1~2日が目安
ということになります。

 

パンを常温保存していると、
時間が経つにつれパンから水分が抜けて
乾燥してパサパサになってしまうので
常温保存できる限度は2日までが目安になるんですが…

パンを常温保存する場合は、
食パンの粗熱を取ってスライスしたら
すぐにパンを
ビニール袋に入れるようにすると
水分が抜けにくくすることができるので、
パンがすぐパサパサになるのを防ぐことができます。

 

また、夏場は特にパンが悪くなりやすいので、
直射日光を避け涼しいところで保存し、
いつも以上に速く食べ切れるようにしましょう^^

 

●パンの冷蔵保存がNGな理由とは?

 

ホームベーカリーで焼いたパンを
冷蔵庫に入れて保存したら
多少日持ちしそうな感じもしますが…実は、
パンを冷蔵庫で保存するのはNGなんですΣ(´∀`;)

というのも、
パンを冷蔵庫で保存してしまうと、
パンに含まれるデンプンが劣化して
パンが余計乾燥しやすくなってしまうから…
なんですが、
スーパーやパン屋さんで売られているパンが
冷蔵されているのを見た事ってないですが、
それはこういった理由があったからだったんですね^^

 

ホームベーカリーで焼いた食パンを食べきれない時は冷凍保存すると長持ちさせられます♪

 

ホームベーカリーで焼いた食パンを
常温保存できるのは長くて2日が
目安ということだったんですが、
「もっと、パンを長く保存できる
方法はないのかしら?」と思い、
パンを長持ちさせる方法についても
調べてみたのですが…

 

冷凍保存すると1ヶ月くらい
パンを保存することができる
ということが分かりました!

 

■ホームベーカリーで焼いた食パンを冷凍保存する方法

 

ということで、
ここからはホームベーカリーで焼いた
食パンを冷凍保存する方法について
画像付きで詳しく解説していきます(*^^*)

 

●手順1・パンの粗熱を取りパンをスライスする

 

ホームベーカリーで焼き上がった
パンの粗熱が取れたら、
このような感じで食べやすい大きさに
パンをスライスします。

 

 

●手順2・パンを一枚ずつラップで包む

 

次に、冷凍保存するパンを
一枚ずつラップで包んでいきます。

 

 

●手順3・フリーザーパックに入れ冷凍庫に入れる

 

最後に、ラップ包んだパンを
フリーザーパックに入れて
冷凍庫に入れて冷凍します。

 

 

このようにして冷凍しておけば、
ホームベーカリーで焼いた食パンを
1ヶ月ほど保存することができるので、
ゆっくり食べきる事ができるようになりますね^^

 

■冷凍保存した食パンの解凍方法2つ

 

さて、冷凍した食パンを食べる時は
どのように解凍すれば良いのでしょうか?
この事についても念の為書いていきたいと思います。

 

●解凍方法1・オーブントースターで焼く(おすすめ)

 

凍らせたパンの1つ目の解凍方法は、
パンが凍った状態のままオーブントースターで焼く
という方法になります。

冷凍していたパンをオーブントースターで焼くと、
焼きながら解凍も進んでいくので、
パンを焼きながら同時に解凍もできます。
もちろん、
食感も損なわれにくいので、
冷凍パンを解凍する場合は、
パンが凍ったままオーブントースターで
焼いていきましょう。
電子レンジでパンを解凍してしまうと
パンの水分が一気に飛んでしまい、
カチカチに固いパンになってしまうので
電子レンジでの解凍は避けましょう。

 

●解凍方法2・自然解凍

 

凍らせたパンの2つ目の解凍方法は
パンを自然解凍するという方法です。

冷凍庫からパンを取り出して
室温で2~3時間放置すると、
パンが自然解凍されるので、
解凍されたらそのまま食べたり、
オーブントースターで焼いて
食べることができます。

 

ただ、自然解凍するとなると、
解凍できるまでにかなり時間がかかってしまうので、
凍ったままオーブントースターで焼く
解凍方法の方が良いかもしれませんね。

 

まとめ

 

今回は、
ホームベーカリーで焼いたパンは
常温保存でどのくらい日持ちするのか?や
冷凍して長持ちさせる方法について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

 

ホームベーカリーで焼いた食パンは
放置しているとすぐ悪くなってしまうので、
2日以内に食べきるようにするか、
食べきれない時は冷凍保存をしておく
ようにすると良いですね。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください