ホームベーカリーで一次発酵させた生地がベタベタになる3つの原因とは?

先日、オリジナルのジャムパンを作ろうと、
ホームベーカリーで生地を作ってみたのですが、
ホームベーカリーから
出来上がった生地を取り出してみると、
生地がすごくベタベタしていました(´・ω・`)

「どうしてこんなに生地がベタベタなの?」

と疑問に思った私は、
一次発酵させた生地がベタベタになってしまう
原因について調べてみたのですが…

すると、私と同じように、
一次発酵させたパン生地が
ベタベタになってしまい
質問されている方も少なくなかったので、

今回は、
ホームベーカリーで一次発酵させた
パン生地がベタベタになってしまった時に
考えられる原因や対処法について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

 

ホームベーカリーで一次発酵させた生地がベタベタになる3つの原因とは?

 

ホームベーカリーの
パン生地モードで一次発酵させた
パン生地がベタベタになってしまう場合には
どのような原因が考えられるのでしょうか?

この事について調べてみると、
考えられる原因が大きく3つあるようです。

 

■原因1:室温・水温・材料の温度が高く過発酵してしまった

 

ホームベーカリーのパン生地モードで
生地がベタベタになってしまった場合に
考えられる1つ目の原因は…

室温・水温・材料の温度が高く
パン生地が過発酵してしまった

ということになります。

過発酵は室温が25℃以上になると
起こりやすいようなんですが、

暑い部屋でパン生地を一次発酵させると、
発酵の進み具合が促進されてしまうので、
通常通り生地を発酵させてしまうと
過発酵が起きて生地がベタベタに
なってしまう場合があるようです。

なので、夏場など室温が高くなる時期は
エアコンをつけ室温を20℃前後にするなど
パン生地が過発酵しないように
しっかり温度管理をすることが大切です。

 

■原因2:発酵時間が長過ぎた

 

ホームベーカリーのパン生地モードで
生地がベタベタになってしまった場合に
考えられる2つ目の原因は…

発酵時間が長過ぎた
ということになるんですが、

一次発酵が終わったパン生地を
そのままホームベーカリーの中に
しばらく放置してしまったりすると、

その間にも発酵が進んでいってしまうので
過発酵が起こり生地がベタベタになってしまう
という可能性が考えられます。

なので、一次発酵が終わったら
できるだけすぐにフィンガーテストを行って
生地の発酵具合を確認するようにしましょう^^

フィンガーテストの方法については
以下の生地でご紹介しているので
良かったら参考にしてみてください^^

・フィンガーテストの方法

 

■原因3:材料の分量やホームベーカリーの設定が合っていない

 

ホームベーカリーのパン生地モードで
生地がベタベタになってしまった場合に
考えられる3つ目の原因は…

材料の分量やホームベーカリーの設定が
合っていなかった
ということになります。

これまでにもご紹介したように、
パン生地はその時の温度などによっても
発酵具合が変わってきてしまうので、
レシピ通り材料を計って作っても、
上手く出来上がらないなんてこともあったりします。

また、材料に問題がなかったとしても、
ホームベーカリーのモード設定を間違ってしまったことで、
うまく生地が仕上がらなかった…
なんて可能性もあるかもしれないので、

念のためにホームベーカリーの
ボタンを押す時は、
正しいボタンかどうかよく確認して
押すようにすると安心ですね(笑)

・ホームベーカリーランキング【楽天市場】

 

まとめ

 

今回は、
ホームベーカリーで一次発酵させた
パン生地がベタベタになってしまったときに
考えられる3つの原因について書いてみましたが
いかがだったでしょうか?

「ホームベーカリーがあれば
パン生地作りは簡単~♪」

なんて思っていた私だったんですが、
実際パン作りはそんなに甘くないのかもしれません(^_^;)
ですが、今回のことを教訓にして今後は
パン生地作りをより上達していけたらと思っています^^

ということで
この記事が何かの参考になれば嬉しいです(#^.^#)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください