パン生地を冷凍保存する方法!冷凍できる3つのタイミング【ホームベーカリー】

パン生地だけホームベーカリーで作って、
後は自分で好きな形にしたり、
具材を入れて自家製パンを楽しんでいる
という方も結構多いですが、
ホームベーカリーのレシピ通り作ったパン生地を
一度に使い切ってしまおうとすると、
焼き上がったパンの量が多くて
食べきれなくなってしまう…
なんて事もあったりしますよね(笑)

なので、
「パン生地を今使いたい分だけ使って、
残りは冷凍保存できたら良いのに…」
と思ったんですが、なんと、
パン生地って冷凍保存ができるんだそうですね^^

ただ、パン生地を冷凍保存する場合、
しっかり手順を守らないと、
パン生地がダメになってしまいますし、
若干慣れないうちは手順が複雑なので…

今回は、ホームベーカリーで作ったパン生地を
冷凍保存する方法について、
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

 

パン生地を冷凍保存する方法!冷凍できる3つのタイミングとは?【ホームベーカリー】

 

パン生地を冷凍保存するときに重要なのが、
パン生地を冷凍するタイミングになります。

パン生地を冷凍できるタイミングには…

  1. ホームベーカリーで生地が出来た時
  2. ベンチタイムが終わった時
  3. 2次発酵が終わった時

の3つのタイミングがあるので、
この3つのタイミングのどれかで
パン生地を冷凍していきます。

全体の流れをおさらいしながら、
冷凍保存するタイミングを見ていくと…

 

  1. ホームベーカリーでパン生地を作る
  2. 打ち粉(強力粉)を軽く振った台の上に
    ホームベーカリーからパン生地を取り出す
  3. パン生地を好みの大きさに分ける→冷凍保存
  4. 固く絞った布巾をかぶせて休ませる(ベンチタイム)
  5. パン生地の形を成形する→冷凍保存
  6. 2次発酵をさせる→冷凍保存
  7. 焼成

 

このような感じになります^^

なので、ホームベーカリーからパン生地を取り出したら、
「手順の3番・5番・6番」のどれかのタイミングで
パン生地を冷凍するということになります。

 

この3つのタイミングであれば、
どのタイミングで冷凍しても大丈夫なので、
自分が好きなタイミングを選んで
パン生地を冷凍していきましょう。

 

◆パン生地を冷凍保存する方法

 

パン生地を冷凍保存する場合は、
次の手順で行っていきます。

 

  1. トレーの上にパン生地を乗せラップをかけ冷凍庫に入れる
  2. パン生地が凍ったら冷凍庫から取り出しフリーザーバッグに入れて冷凍保存する

なぜ一度パン生地をトレーに乗せて
ラップをかけて冷凍するのかというと、
こうした方が、
パン生地を速く凍らせる事ができるからです。

パン生地が凍るまでの時間が長くなってしまうと、
発酵が進んで過発酵になる場合があるので、
パン生地を冷凍する場合は、
あえて速く冷凍されるように
ひと手間加えるというわけなんですね!

また、
パン生地を冷凍保存出来る期間は、
1ヶ月が目安になるので、
冷凍保存したパン生地は
1ヶ月以内に使い切るようにしましょう。

1ヶ月以上冷凍保存してしまうと、
イースト菌が弱ってしまうので、
焼いた時パンの膨らみが悪くなってしまいます。

 

◆パン生地を解凍する方法

 

さて、パン生地を冷凍する方法は
さきほどお話した通りなんですが…

冷凍したパン生地は、
しっかり解凍してから焼くようにしないと、
上手く焼き上がらなくなってしまうので、
次の3つの解凍方法のどれかで
解凍するようにしましょう。

 

  1. 室温で1時間放置して自然解凍する
  2. 冷蔵庫に8時間ほど入れて解凍する
  3. 電子レンジの解凍で30秒加熱し、
    解凍されるまで10秒ずつ加熱する

 

冷凍保存したパン生地を解凍してバターロールを焼いてみた

 

パン生地を冷凍保存する方法がわかったので…
早速、私は冷凍したパン生地を解凍して
バターロールを焼いてみる事にしました^^

 

では、早速その経過をご紹介していきます。

使用したホームベーカリーは
siroca の SHB-712 という機種で、
レシピは以下の通りです。

 

  • 水          170ml
  • 卵          50ml
  • 強力粉        320ml
  • バター        40g
  • 砂糖         15g
  • 塩          4.5g
  • ドライイースト    3g
  • 溶き卵(塗り用)    適量

 

 

パン生地が出来上がったら、
打ち粉を振った台の上に取り出して
好きな大きさに分けます^^

 

 

今回はバターロールを焼くので
バターロールの大きさに生地を分けていきます。

そして、この生地を分ける手順3番の
タイミングでパン生地を冷凍するので、
パン生地をおぼんの上に乗せ
ラップをかけて冷凍庫に入れ凍らせます。

 

 

パン生地が凍るまでは、
1時間半~2時間くらい。

 

パン生地がしっかり凍ったら、
冷凍庫から取り出して、
1つずつラップで包んで
フリーザーバッグに移し替え冷凍すると、
1ヶ月保存することができます(*^^*)

 

 

で、この冷凍したパン生地を
解凍して使う場合は…
一度しっかり解凍して、
手順4番から進めていきます。

なので、解凍したら、
ベンチタイム→成形→二次発酵→焼く
という流れでやっていきます。

 

 

実際に焼き上がった
バターロールはこんな感じです。

 

 

若干形はイマイチですが…
しっかりふくらんでくれました(笑)

このように、
冷凍したパン生地でも
しっかり焼き上がるので、
パン生地を作っておいて、
冷凍庫に常備しておくようにすれば、
すぐにパンが焼けて便利です^^

ぜひ、みなさんも
パン生地を冷凍保存してみてください。

 

まとめ

 

今回は、
ホームベーカリーで作ったパン生地を
冷凍保存する方法などについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

パン生地は冷凍しておけば、
焼きたいときにすぐパンが焼けるので、
パン生地の冷凍保存は必須スキルと
いえるかもしれません(笑)

もしよかったら参考にしてみてください(*´ω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください