フライパンの油ぬめりの落とし方!洗ってもぬるぬるする時の対処法!

油をたっぷり使った後のフライパンって、
油まみれになっているので、
ただでさえ洗うのが嫌になりますが、

頑張って洗っても、
フライパンの表面に油のぬめりが
残ってしまっている…
なんて事も多いですよね(^_^;)

「ちょっとくらいフライパンが
ぬるぬるしてても問題ないわよね?」
と、思いたいところですが、
テフロンコーティングのフライパンは
しっかり油のぬめりを落として
おかないといけないんです!

というわけで、
今回はフライパンの油ぬめりの落とし方について、
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

フライパンの油汚れとぬめりの落とし方!

 

フライパンをしっかり洗っても、
ぬめりが残ってしまうのは、
油と洗剤が結合してできた
「酸性石鹸」がフライパンの
表面に残っているからです!

なので、
洗剤をつけて洗ったにもかかわらず、
表面にぬめりが残っているフライパンを
そのままにしてしまうと…

次にフライパンを使った時、
食材に酸性石鹸が付着して、
残っていた油と洗剤を一緒に
食べてしまう事になるので、
フライパンのぬめりはしっかり
落としておかないといけません(^^)

では、
どんな洗い方をすると、
フライパンの油汚れが
しっかり落ちるのでしょうか?

 

STEP.1
調理後すぐ油を新聞紙などで拭き取る

 

油でベトベトになっているフライパンは、
まずは新聞紙やキッチンペーパーなどで、
おおまかに油を拭き取りましょう。

使い終わった直後であれば、
油が液状になっているので、
簡単に拭き取る事ができます。

もし、使い終わって時間が経ってしまい、
油が白く固形になっている場合は、
軽くフライパンを火にかけ温め
油を液状にしてから拭き取ると良いですね。

STEP.2
フライパンに熱湯を入れる

 

フライパンの油をあらかた拭き取ったら、
次は、フライパンに熱湯を入れていき、
よく汚れと馴染ませてから捨てます。

お湯はやかんや電気ケトルで沸かして
フライパンに入れても良いですし、
フライパンに水を入れて火にかけて
熱湯にしてもどちらでも大丈夫です。

STEP.3
洗剤をつけたスポンジで洗う

 

熱湯を捨てたら、
いよいよ洗剤をつけたスポンジで
フライパンを洗い、
水でよく流しましょう。

ステップ1・2をしないまま
洗剤をつけたスポンジで
フライパンを洗ってしまうと、
スポンジが油まみれになって
スポンジがダメになってしまうだけでなく、

洗剤と油が結合した酸性石鹸が
大量に生成されフライパンを洗うのが
余計大変になってしまうので
注意してくださいね。

STEP.4
水気を拭き取り乾燥させる

 

フライパンを洗い終わったら、
水気を拭き取り乾燥させておきましょう。

 

フライパンを洗ってもぬるぬるする時の対処法

 

ここまでは、
フライパンの油汚れとぬめりを
スッキリ落とす方法について
ご紹介しましたが、

もし、フライパンを洗っても、
ぬるぬるがする場合の対処法についても
ご紹介しておきますね^^

もし、
洗ったフライパンがぬるぬるしていたら、
フライパンに熱湯を入れそこに重曹を
大さじ2杯ほど入れて火にかけ沸騰させて、
ぬるぬるがリセットされるはずです。

ちなみに、
鉄製のフライパンの場合は、
表面の油はフライパンを
保護するために必要なので、
洗剤をつけて洗わないようにして下さいね。

鉄とテフロンフライパンの油汚れの洗い方!洗剤つけずたわしで洗う?

 

まとめ

 

今回は、フライパンの油のぬめりの落とし方や、
洗ってもぬるぬるする時の対処法について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

フッ素コーティングがされているフライパン
(テフロン・マーブル・ダイヤモンドなど)は、
表面がぬるぬるしなくなるまで、
しっかり洗っておかないと、

次に調理した際に食材に洗剤と油が
結合してできた酸性石鹸が付着してしまう
可能性があるので、フライパンの表面が
キュッとなるよう洗いましょう(#^^#)

ということで、
もしよかったら参考にしてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください