鉄フライパンを温める理由!温めないとくっつくのはなぜ?

「一生使える」「鉄分がとれる」
というメリットに惹かれて、
先日鉄フライパンを買ったんですが、

鉄フライパンってはじめに
しっかり温めてから調理しないと、
フライパンに食材がくっついて
うまく料理できないんですね(^_^;)

そこで、
「どうして、鉄フライパンは温めてから
油を入れて調理しないと食材がくっついて、
うまく調理できないのか?」
調べてみたところ…

私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、
今回は、鉄フライパンを温める理由について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

鉄フライパンを温める理由!温めないとくっつくのはなぜ?

 

さて、鉄フライパンで調理する前は、
フライパンから煙が立ち昇るくらいまで、
しっかり温めてから使わなければなりませんが、
一体どうしてなのでしょうか?

結論から言ってしまうと…
フライパンに付着している水分を飛ばすためです^^

 

鉄には水がくっつきやすい性質
(親和性)があるため、
鉄フライパンは乾燥しているようで、
実は水が付着しています。

洗ってよく乾燥させていたとしても
自然と吸着水が付着してしまうので、
よく温めてから使わなければなりません。

 

では、フライパンに水があると、
どうして食材がくっついてしまうのでしょうか?

 

フライパンにくっつきやすい
食材というと卵や魚、肉が思い浮かびますが、
これらはすべてタンパク質が多い食材ですが、

例えば、フライパンが温まる前に
卵を入れて調理していくと、
吸着水に卵の水溶性タンパク質が溶け込み、
調理していく中でタンパク質が硬化すると
接着剤のようになってしまうため、
卵がフライパンにくっついてしまいます。

このため、タンパク質が多い食材は
くっつきやすかったのですね。

ちなみに、
テフロンフライパンなど、
表面が非金属の場合は、
吸着水がつかないため、
温めなくても問題ありません。

 

【鉄フライパン】温まってから油を入れるのはなぜ?

 

ここまでは、
鉄フライパンを温める理由について
ご紹介したんですが、

「鉄フライパンはどうして、
温めてから油を入れるのですか?」

と、油を入れるタイミングについて
疑問に思っている方も
いらっしゃるようだったので、

ここからは、
鉄フライパンはどうして温まってから、
油を入れるのかということについて
解説していきたいと思います。

 

鉄フライパンは、
フライパンをしっかり温めていくため、
最初に油を入れてしまうと、
フライパンが温まった頃には
油の温度が高温になって
煙が大量に出てしまいますし、

もし、そこに食材を入れた場合、
火柱が出てしまうので危険なんです。

なので、鉄フライパンは、
フライパンが温まってから
油を入れる必要があるのですね!

 

まとめ

 

今回は、鉄フライパンを温める理由や、
温めないとフライパンに食材が
くっつくのはなぜなのか?について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

「いちいちフライパンを温めるのが面倒だなぁ…」
と、感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、
鉄フライパンは温めてからでないと、
うまく調理ができませんので、

もし、温める手間がないフライパンが良い
という場合はテフロンフライパンを
使ってみると良いかもしれませんね♪

フライパン 13点セット H-ISSE13Pダイヤモンドコートパン セット ih対応 ガス対応 アイリスオーヤマ エッグパン 取っ手が取れる おしゃれ くっつかない ih 20cm 26cm 蓋 鍋 蓋 ふた 軽い 卵焼き 一人暮らし [skeitem]

感想(1673件)

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください