フライパンにガラス蓋がはまって取れない時の対処法!

先日、フライパンでハンバーグを
作っていた時のことなんですが、

使っていたフライパンよりも
一回り小さい別のフライパンの
ガラス蓋をしていたら、
フライパンにはまってガラス蓋が
取れなくなってしまったんです(^_^;)

そこで、
フライパンを加熱してみたり、
冷やしてみたり、待ってみたり…と
いろいろやって取ろうとしたのですが、
いっこうに蓋が取れなかったので、

フライパンにガラス蓋がはまって
取れない時はどうしたら良いのか?
ということについて調べてみたところ、
私と同じ事を疑問に思っている人も
少なくないようだったので、

今回は、フライパンに蓋が
はまって取れなくなってしまった時の
対処法についてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^

フライパンにガラス蓋がはまって取れない時の対処法

 

まず、フライパンに蓋がはまって
取れなくなってしまう原因なのですが、

これは、
フライパンの内部にあった蒸気が
冷やされるなどして内部の圧力が
下がったことで外気圧との気圧差が
生まれ取れなくなってしまっています。

イメージしやすいように説明すると、
外気圧に蓋がグーッと強く抑えられている状態なので、
蓋がびくともしなくなっているのですね。

 

では、どうしたら、
フライパンにはまった蓋を取ることが
できるのでしょうか?

もし、
フライパンの内部に水や液体があれば、
フライパンを少し加熱し内部の圧力を
あげることで蓋が取れるようになりますし、

フライパンの内部に水や液体が入っていない場合は、
蓋の上から水をかけしばらくしてから
フライパンを加熱すると蓋を取ることができます。

フライパンから蓋が取れない場合は、
蓋の内部の圧力が低くなっているのが原因なので、
フライパンを温めて内部の圧力が高くなるようにすると、
蓋を外すことができるようになんです!

 

ちなみに、
フライパンを冷やしてしまうと、
内部の圧力がさらに低下して、
余計蓋が取れなくなってしまうので
間違っても冷やさないようにしてくださいね。

また、蓋以外のもの(例えばお皿など)が
フライパンにはまって取れなくなった際も
同じやり方で取れるようになるので、
今回ご紹介した対処法を覚えておかれると
安心だと思います\(^o^)/

 

まとめ

 

今回は、フライパンにガラス蓋が
はまって取れない時の対処法について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

フライパンに蓋がはまって取れない場合は、
フライパンを温めることで内部の気圧を
あげると蓋を簡単に取ることができますよ。

蓋がしっかりフライパンに
はまっているときに、
マイナスドライバーなどで
無理やりこじ開けようとしても
取れない事も多いですし、

使った工具がダメになったり、
フライパンに傷がついたりするので
力ずくで蓋を取ろうとするのは
やめた方が無難です(笑)

ということで、
フライパンに蓋や何かお皿がはまって
取れなくなってしまった場合は、
今回ご紹介した対処法を試してみてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください