フライパンの底が変形する原因3つ!変形しにくい底厚は何ミリ以上?

使っているうちにフライパンが
汚れてしまうのは仕方ないかなぁ
なんて思えますが、

フライパンの底が変形してしまうと、
調理する時に食材をフライパンの上に
乗せた時位置がずれてしまって
調理しにくくなってしまうので、
フライパンの底が変形すると、
すぐ買い替えていたのですが…

先日、あろうことか、
買い替えたフライパンの底が
すぐ変形してしまう…
という事件が起こったんです(^_^;)

「こんなすぐ買い換えるなんて
いくらなんでももったいなさすぎ」

と、いうわけで、
フライパンの底が変形してしまう原因
などについて調べてみたのですが、

調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、

  • フライパンの底が変形(歪み・盛り上がる)する原因
  • 底が変形しにくいフライパンの底厚は何ミリ以上なのか?
  • 底が変形してしまったフライパンを修理することはできるのか?

という事についてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^

フライパンの底が変形する(歪み・盛り上がる)3つの原因

 

では、早速フライパンの底が変形
(歪み・盛り上がる)する原因について
見ていきましょう(^O^)

原因1.強火で調理してしまった

フライパンの底が変形する1つ目の原因は…
強火で調理してしまったということになります。

強火で調理した方が
速く火を通す事ができるので、
おいしく調理することができたり
完成までの時間が短くなる
というメリットがありますが、

強火での調理はフライパンの底が
変形する要因となってしまうので、
注意が必要です。

フライパンを急に強火にかけてしまうと、
火があたっている部分と当たっていない部分で
急な温度差が出来てしまうことにより
フライパンの底が変形してしまいます。

原因2.調理後すぐ水をかけてしまった

フライパンの底が変形する1つ目の原因は…
調理後すぐ水をかけて冷やしてしまった
ということになります。

テフロンフライパンをお使いの方は、
調理後すぐフライパンに水をかける
ということはされていないと思いますが、

鉄フライパンをお使いの方の場合、
すぐ水につけて汚れが落ちやすいようにしている
という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに、水につけておくと、
汚れは落ちやすくなるのですが、
調理後すぐ水につけてしまうと、
フライパンが急激に冷やされることで
変形が起こってしまうので、
ある程度冷ましてから
水につけるようにしましょう。

原因3.IHで使用してしまった

ガスではなくIHコンロを使用している…
というご家庭もかなり増えていますが、
実は、IHコンロはフライパンの
底を変形させてしまう可能性が高いんです。

というのも、
IHコンロはコイルが発熱している部分と
そうでない部分の温度差があり、
また火力も割と強いので、
フライパンの底で温度差が起こりやすく
それによって変形が起こってしまいます。

IHコンロでフライパンを使う時、
底が変形しないようにするためには、

  1. 中火以下で予熱してから使う
  2. 油返しを行う

という事を行って、
フライパンに均等に熱が伝わるようにしてから
調理を始める事が大切です。

 

変形しにくいフライパンの底厚は何ミリ以上?

 

ここまでは、
フライパンの底が変形する原因について
いろいろとご紹介してきましたが、

フライパンの底厚が厚ければ厚いほど、
変形する心配がないので
安心して長く使う事ができる
ということをご存知でしょうか?

一般的なフライパンの底厚は、
1~3ミリほどの厚さなのですが、
このように底厚が薄いフライパンは、
割とすぐ変形が起こってしまいやすいです。

では、どのくらいの厚さがあれば、
変形しづらいのでしょうか?

結論から言ってしまうと、
フライパンの底厚が6ミリ以上あれば
底の変形を心配することなくなるようです。

・底厚8mmの焦げ付かないフライパン「ruhru」

もちろん、
底が厚い分やや重たくはなりますが、
底が厚いフライパンは変形しにくく
熱が均等に伝わっていきやすいため、
コーティングも長持ちします(#^^#)

なので、
「変形しにくいフライパンを探している…」
という場合はフライパンの底厚が
厚いものを選ぶのがおすすめですよ♪

 

底が変形したフライパンは修理できる?

 

もし、フライパンの底が変形してしまった場合、
どこかで修理してもらうことはできるのでしょうか?

底が変形しているフライパンだと、
調理しづらいので平らな状態に
戻して使いたいですよね。

というわけで、
この事について調べてみたところ…

フライパンの底の変形は、
フライパンの修理を行っている
金属加工業者に依頼すれば
修理してもらうことができるようです。

ただ、ゴムハンマーと雑巾があれば
フライパンの変形している部分を
叩いて自力で修理することが
できる可能性もあるので、
ゴムハンマーがあれば自力で
修理に挑戦してみても良いかもしれませんね。

 

まとめ

 

今回は、フライパンの底が変形する原因や、
底が変形しにくいフライパンの底圧は
何ミリ以上なのかということなどについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

「フライパンの底をよく変形させてしまう…」
とお悩みの場合は、

今回ご紹介した、
フライパンの底が変形する原因を参考にして、
使い方を見直してみるとフライパンが
変形しなくなるかもしれませんね。

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです(*´∀`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください