フライパンの使い始めの臭いの予防法!新しいフライパンのおろし方!

先日、
新しいフライパンを買ったんですが、

フライパンが新しいと、
料理のモチベーションが上がって、
何か焼いたり炒めたくなったので、
鶏肉を焼いてみることに…

で、焼き上がった鶏肉を口に近づけてみると、
なんだか絵の具のような臭いがして、
とても食べられないような感じだったんです(^_^;)

「どうして、絵の具のような
臭いが料理についてしまったのかしら?」
と、疑問に思った私は、
フライパンの臭いの原因について
調べてみたのですが、

この事について調べてみると、
私と同じ事を質問している方も
少なくないようだったので、

今回は、フライパンを使い始める時に
絵の具のような臭いが出ないようにする予防法
についてみなさんにシェアしていきたいと思います。

 

新しいフライパンを使い始めた時の臭いの原因とは?

 

新しいフライパンを使い始めた時、
絵の具とかペンキのような臭いがして
料理を食べることが出来なかった…
ということがあったりするんですが、

この新しいフライパンを使い始めた時に出る
臭いの原因は一体何なのでしょうか?

この事について、
気になって調べてみると、

新しいフライパンを使い始めた時にする
絵の具やペンキのような臭いの原因は、
フライパンを製造する過程で残っていた
工業用の油や汚れによる臭いである
ということがわかりました(;・∀・)

新しいフライパンは、
基本的にはどのフライパンにも
こうした工業用の油や汚れが
残っているため、

使い始める前にはある事をしてから
使わないと料理に臭いがついてしまい
食べられなくなってしまうんです。

フライパンの使い始めにする絵の具のような臭いの予防法!
新しいフライパンのおろし方!

 

さて、
新しいフライパンを使い始めた時に出る
絵の具やペンキのような臭いの原因は
製造過程でフライパンに付着した
工業用の油や汚れということは
先程お話した通りなんですが…

一体どうしたら、
新しいフライパンを嫌な臭いなく
使い始めることができるのでしょうか?

 

■新しいフライパンのおろし方

 

◎用意するもの

  • 食器用洗剤
  • スポンジ
  • 捨てるクズ野菜(キャベツの芯・たまねぎの皮など)
  • サラダ油

 

STEP.1
フライパンを洗う

 

新しいフライパンを買ったら、
まずは洗剤をつけたスポンジで洗い、
水をよく切り乾燥させます。

STEP.2
フライパンを加熱しクズ野菜を炒める

 

フライパンを洗って乾燥させたら、
次にフライパンをコンロにのせ、
サラダ油をひき用意しておいた
キャベツの芯やたまねぎの皮などの
クズ野菜を中火で炒めましょう。

このように、
使い始めのフライパンで
クズ野菜を炒めることで、
フライパンに残っていた
工業用の油や汚れが
クズ野菜についてくれます。

STEP.3
もう一度フライパンを洗う

 

フライパンでクズ野菜を炒めたら、
クズ野菜を捨て、フライパンを冷まします。

フライパンが冷えたら、
再度洗剤をつけたスポンジで
フライパンをよく洗い、
水ですすいだら水を切って
乾燥させて完了です。

 

新しいフライパンを使い始める際は、
このような方法で臭いの素を
落としてから使うようにしてくださいね^^

フライパンの取扱説明書にも
書かれてあるはずですが、
たまに書かれていない場合もあるので、
新しいフライパンを買ったら、
忘れずにおろし作業を行いましょう。

 

まとめ

 

今回は、
フライパンの使い始めに出る臭いの原因や、
新しいフライパンのおろし方について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

新しいフライパンには、
製造過程でついた工業用の油や汚れが
残っている場合があり、
おろし作業をしないで調理してしまうと、
絵の具やペンキのような臭いが
料理についてしまうので気をつけましょう!

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです(*´∀`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください