インターホンを設置する最適な高さは外と室内で違う事ご存知ですか?

家を新築した友人がいたので、
新築祝いを渡そうと
友人の家のインターホンを鳴らした時、

「ちょっとインターホンの高さが低くて
腰をかがめないと映らないかも?」
と、インターホンが設置されている高さが
少し低すぎるような気がしたんです(^_^;)

帰ってきた我が家に設置されいている
インターホンの高さと比べてみても、
明らかに友人宅のインターホンが
ついている高さは低かったので、

そもそも、インターホンを設置する
最適な高さはどれくらいなのか?
ということが気になって調べてみたのですが、

この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、インターホンを設置する
最適な高さはどれくらいなのか?
ということについてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^

インターホンを最適な高さに設置するメリット

 

インターホンは誰が訪ねてきているか?
ということをひと目で確認することができたり、
ドアを開けなくても来客している人と
やり取りをすることができる機能を持っていますが、

このインターホンの機能を最大限
活用することができるかどうか?は、
インターホンを最適な高さに設置しているかどうか?
ということによって左右されてきます。

インターホンが最適な高さに設置されている限り、
特に大きな問題が起こる事はありませんが、

もし、インターホンを設置する位置が
低すぎたり高すぎたりしてしまうと、
カメラに来客者が映らなくなって、
誰が来ているか分からないなんて
事が起こってしまう事が起こったり、

インターホンを設置した位置が高すぎると、
車椅子で生活されていたりする人が
インターホンを押せず困ってしまう事があったり、

逆にインターホンを設置する位置が低すぎると、
来客者が腰をかがめないとインターホンごしに
やりとりすることができなくなってしまいますし、
顔がインターホンに映らなくなってしまうので不便です。

外(来客者向け)にインターホンを設置する時の最適な高さ

 

では、インターホンを設置する
最適な高さはどれくらいなのでしょうか?

まず、来客者が使う外に設置する
インターホンの最適な高さですが、
外に設置するインターホンの標準的な
設置高さは145cmとなっています。

映像が映らないチャイムのみの
インターホンの場合は、
これよりも低い120cm前後の高さに
呼び鈴が設置されていましたが、

インターホンはレンズの中に
来客者の顔が映る高さに設置しないといけないので、
やや高い145cm前後の高さに設置するようになっています。

インターホンのレンズは広角なので、
もし145cmの高さに垂直に設置すれば、
上は180cmほど、下は115cmほどまで
レンズに映るようになっています。

116cm~181cmまで映るとなると、
小学生から大人までしっかり
レンズに顔が映ることになるので、
インターホンは145cmの高さを目安に
設置するのが良いということになりますね。

 

室内にインターホンを設置する時の最適な高さ

 

では、室内に設置するインターホンは
どれくらいの高さに設置すると良いのでしょうか?

これは外に設置するインターホンと違い、
住んでいて内側でインターホンを使う人の
身長によって最適な高さが変わってきます。

例えば、
一人暮らしで身長が160センチほどの人であれば、
150cmほどの高さで室内のインターホンを
設置すれば使いやすいと思います。

しかし、身長が110センチくらいの
お子さんが使う可能性があるとなると、
150センチの高さに設置してしまうと
お子さんがインターホンを触れなくなってしまうので、
もう少し低い位置に設置しなければならない
ということになることが分かります。

ただ、お子さんの身長はどんどん伸びますし、
埋め込み式のインターホンは一度設置すると、
場所を変えるのが大変なので、
基本は、家主さんが一番使いやすい高さに
設置するというのがベターになると思います。

 

バリアフリー対応になるインターホンの設置高さ

 

車椅子などで生活されている方がいる場合は、
バリアフリー対応できるよう
インターホンの設置高さを110cmを目安にしましょう。

110cmに設置すれば車椅子に乗っている方でも
問題なくインターホンを操作することができますし、
また、顔もインターホンにしっかり映ります。

なので、車椅子で生活されている方が
インターホンを使用する可能性がある場合は、
バリアフリー対応である110cmの高さに
インターホンを設置するようにしましょう。

 

まとめ

 

今回は、インターホンを設置する
室内と外の最適な高さはどれくらいなのか?
ということについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

インターホンは来客者との
やりとりをスムーズにするだけでなく
防犯性を高めてくれるという働きもありますので、
設置する高さがとても重要になってきます。

「この方が使いやすいから…」
という感じでインターホンの設置場所を
決めてしまうと思わぬデメリットが
潜んでいる可能性もありますので、

インターホンを設置する場合は、
今回ご紹介した標準的な高さを意識して
設置されるようにしてみてくださいね^^

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください