インターホンを知らない人が何回も鳴らす時の対処法!居留守が良い?

インターホンが設置されていれば、
来客者の顔がモニターに映し出されるので、
誰が来たかすぐ分かるので安心ですが、

インターホン映っている人が
全く知らない人だと、
「なんの用事だろう?
不審者だったらどうしよう?」
と不安になってしまいますよね。

また、一度だけでなく何回も
知らない人が訪ねてきたりすると
不安はさらに大きくなってしまうでしょう。

実際、私も知人から
「何回も知らない人が訪ねてきては、
インターホンを鳴らすのだけど、
どうしたら良いと思う?」
なんて相談されたこともあります。

そこで、今回は、
インターホンを知らない人が何回も鳴らす時は
どう対処すると良いのか?ということについて
みなさんにシェアしていきたいと思います。

インターホンを知らない人が何回も鳴らす時の対処法!
居留守を使った方がやっぱり良いの?

 

知らない人が何回も訪ねてきて
インターホンを鳴らす場合は
どのように対処したら良いのでしょうか?

この事について疑問に思われている方も
いらっしゃるかと思います。

 

まず、知らない人が訪ねてくる場合、
どのようなケースがあるのか、
ざっくりですがよくあるパターンを整理しましょう。

  • 電気、水道、ガスなどの作業員
  • インターネットや新聞などの勧誘
  • 周辺住民が苦情を言いにきた
  • 不審者、強盗など

おそらくですが、
突然連絡もなく知らない人が
インターホンを鳴らす場合は、
上記のどれかに当てはまる
場合が多いと思います。

 

インターホンに映っている人に
不審な感じがなければ、
インターホン越しに要件を聞くだけにとどめ
ドアは開けないで対処すると良いでしょう。

例えば、訪ねてきている人の
服装や髪型などを見てみるようにしましょう。
作業着やスーツなどを着ている場合は、
仕事目的で訪ねてきている可能性が高いので、
とりあえずインターホン越しに
要件だけ聞いてみるようにします。

もし、勧誘であればはっきり断り、
必要な要件であれば対応するようにしましょう。

下手になんでもかんでも居留守を使ってしまうと、
「一体何だったのだろう…」
というモヤモヤが残って余計不安になってしまったり、
勧誘だった場合その後何度も訪ねて来るようになって
余計面倒になるということも考えられますからね。

ちなみに、モニターに映る人が
一見問題なさそうだったとしても
ドアを開けたら不審者だった…
ということも想定できなくはないので、
ドアはチェーンをかけておき確実に信用できるかどうか
判断がつかなければ絶対に開けないようにしてください。

 

また、明らかに不審者のような人が
インターホンの画面に映っていた場合は、
インターホンの画面を録画したり
写真をとるようにしたりして記録をとっておき
居留守を使った方が良いでしょう。

また、何度も訪ねてくる場合は、
警察に相談した方が良いかもしれません。

 

女性の一人暮らしは表札の出し方に気をつけましょう!

 

インターホンに知らない人が訪ねてきて
それがもし不審者だった場合、
住んでいる人の情報を与えてしまうのは危険です。

例えば、居留守を使ったとしても、
表札に女性の名前しか書いていないという場合は、
不審者に「ここは女性の一人暮らしである」という
情報が伝わってしまうことになるので、

苗字だけの表札にしたり、
男性の名前を嘘でも良いので
書き足すようにすると防犯につながります。

また、表札をそもそも出さないようにする
というふうにしてしまっても良いでしょう。

 

まとめ

 

今回は、知らない人が何回も訪ねてきて
インターホンを鳴らす時の対処法について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

知らない人が訪問してきた場合は、
とりあえずインターホン越しに
要件だけ聞くというようにして、
信用できるかどうか分からなければ
決してドアは開けないようにする
というような対処をされると良いかと思います^^

ただ、明らかに不審者っぽい人が
インターホンのモニターに映っていたり、
モニターを手で隠されていたりした場合は、
玄関のドアロックとチェーンをかけて居留守し、
不審な動きがあったらすぐ警察に通報できる
ように準備しておくと良いでしょう。

ということで、
もしよかったら参考にしてみてください(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください