インターホンを鳴らないようにしたい!スイッチを切る方法はある?

インターホンが鳴ってモニターを見たら
しつこく来る勧誘でうんざり…
なんて事日常茶飯事ですよね(^_^;)

「こんなしつこく勧誘ばかり来るのなら
いっそのことインターホンが鳴らないようにして
静かに過ごせるようにしようかしら?」
なんて、思ってしまいます。

そこで、インターホンが鳴らないように、
スイッチを切るにはどうしたら良いか?
ということについて調べてみたのですが、

この事について調べてみると、
私と同じようにインターホンを
鳴らないようにしたいと
思われている方も多かったので、

今回は、
インターホンが鳴らないようにする方法について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

インターホンを鳴らないようにしたい!
インターホンのスイッチを切る方法はある?

 

「インターホンを鳴らないようにしたいのですが、
どうすればインターホンのスイッチ(電源)を
切ることができるのでしょうか?」

こんな疑問を持っている方も少なくないようですが…

インターホンのスイッチが切れるかどうかは、
お使いのインターホンの種類によって異なります。

お使いのインターホンがワイヤレス式であれば、
子機に入っている乾電池を抜き取るか、
親機の電源コードを抜いてバッテリーをゼロにすれば、
電源が切れてインターホンが鳴らなくなりますが、

電源直結式のインターホンをお使いの場合は、
自分でインターホンの配線をいじることができないので、
自力でインターホンの電源を切るのは難しいです。

 

ヒント

インターホンの電源を
簡単に切ることができるかどうかは、
インターホンがワイヤレス式か
電源直結式かによって異なります。

 

ワイヤレス式のインターホンであれば、
子機に入っている乾電池を抜き取るか、
親機のコンセントを抜いてバッテリーをゼロにすれば、
電源が切れて鳴らなくすることができますが、

 

電源直結式のインターホンの場合は、
常に電源に専用のケーブルでつながれていて
外側から電源を切ることはできない場合がほとんどです。

 

また、電気工事士の資格を持った人でなければ、
インターホンの配線ケーブルを
いじることができないため、
電源直結式のインターホンの場合は、
電源を切るのは非現実的といえます。

 

さらに、賃貸やマンションの場合、
インターホンの配線をいじってしまうと、
退去時復旧しなければならなくなりますし、
万が一、元通りにすることができなければ、
余計な費用が発生してしまう…
ということも考えられます。

 

なので、もしお使いのインターホンが
電源直結式のインターホンの場合は、
電源を切って鳴らなくするというのではなく、

インターホンの音を小さくして
チャイムの音が気にならないようにする
というようにした方が現実的でしょう。

インターホンの音を小さくする方法は
別の記事で詳しく解説しているので、
もしよければ参考にしてみてください(^^)

インターホンの音がうるさい!音が劇的に小さくなる2つの方法!

 

インターホンが鳴らないことによるデメリット

 

ここまでは、インターホンを鳴らさないように
スイッチを切る方法についてご紹介したんですが…

インターホンが完全に鳴らなくなってしまうと、

  • 宅配が来ても気づけない
  • 来客者に気づけない
  • 誰が来たか分からない
  • 来客者に失礼になってしまう

などのデメリットもあるので、

インターホンを鳴らないようにしようか?と
検討されている場合はこういった
デメリットの部分も一度目を向けてみて
本当に困らないかどうかは
シミュレーションしておきましょうね。

 

まとめ

 

今回は、インターホンが鳴らないように
スイッチを切る方法はあるのかどうか?
ということなどについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

勧誘ばかり来てインターホンを鳴らされたりすると、
迷惑過ぎてインターホンの電源を切りたくなりますが、
勧誘の人であればきっぱり断るようにすれば、
何度も訪ねてこなくなるはずなので、
もし、いつも居留守を使っているのであれば
次訪ねてきた時きっぱり断るようにするのも良いかもしれません。

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください