ポリエステルの服にアイロン跡が出来てしまった時の対処法!

この間、
ポリエステルの服にアイロンをかけたとき
のことなんですが…
アイロンをかけた部分が
テカってしまったんですね(;’∀’)

「もしかして、
アイロンの温度が高すぎた?」

と不安になったので
服のタグのアイロン表示を見てみたところ、
使われている生地が
「ポリエステル」であることが分かり
アイロンは中温以下でかけなければならない
ということだったんですが、

あろうことか、
高温でアイロンがけ
してしまっていました(;’∀’)

なんとかして、
アイロンの跡を消す方法はないものかと思い
いろいろ対処法を調べてみたところ、

私と同じように、
ポリエステルの生地にアイロンの跡が
出来てしまい困っている人も
少なくないようだったので、

今回は、
ポリエステルの生地についた
アイロンの跡は消す方法はあるのか?
ということなどについて
ご紹介していきたいと思います。

 

ポリエステルの生地についたアイロンの跡は消せるの?

 

という事で、ポリエステルの生地に
ついてしまったアイロンの跡は
消すことができるのかどうか?
ということなんですが…

結論から言ってしまうと…
アイロンの熱によって
ポリエステルが
溶けていなければ
跡を目立たなくすることが
できる
可能性があるものの
もし溶けてしまっていた場合は
残念ながらその跡を消すことはできません( ;∀;)

なので、
ポリエステルにアイロンの跡が
ついてしまった場合は、
「繊維が溶けてしまっていないかどうか?」
という事がポイントになってくるのですが、

ポリエステルが溶けているかどうかを
見極めるにはどうしたら良いのでしょうか?

ポリエステルが溶けているか
溶けていないかを見る時は、

生地がテカっているかいないか?

ということが重要になります!

で、もし
生地にテカリがない場合は
繊維そのものが溶けてしまっている
可能性が高いので、
残念ながら跡を消すことはできない
可能性が高いのですが、

生地がテカっている場合は、
生地が溶けていないので
跡を目立たなくすることが
出来る可能性が残されています。

 

ポリエステルに出来たアイロン跡を目立たなくする方法

 

では、
ポリエステルが溶けていない場合、
どうしたらアイロンの跡を目立たなく
することができるのでしょうか?

ここからは、その方法について
ご紹介していきたいと思います。

 

◆用意するもの

 

まず、ポリエステルのアイロン跡を
目立たなくする場合は
以下のものを用意してください。

  1. アイロン
  2. アイロン台
  3. 当て布(綿100%素材、タオルやハンカチなど)
  4. ボウル(当て布が入る大きさ)
  5. メラミンスポンジ

 

◆ポリエステルのテカリを目立たなくする対処法

 

上記のものが用意できたら
以下の手順でポリエステルにできた
アイロンの跡を目立たなくしていきましょう。

  1. テカリがある部分をメラミンスポンジで軽く擦る
  2. 酢と水を1:2でボウルに入れ混ぜる
  3. 薄めた酢を当て布に染み込ませ軽く絞りテカリがある部分に置く
  4. 当て布の上からアイロンを中温以下でかける

この手順をすると、
ポリエステルについてしまった
アイロン跡を目立たなくすることが
できるかと思います(^^)/

繰り返しになりますが…
ポリエステルにアイロンをかける場合は

必ず中温以下(140~160℃)で
行うようにしてくださいね^^

我が家でもこの方法を試してみたんですが、
それなりにアイロンの跡を
目立たなくすることができたので、
もし、ポリエステルに
アイロン跡がついてしまったという場合は
試してみる価値はあると思います(笑)

 

まとめ

 

今回は
ポリエステルの生地についた
アイロンの跡は消すことが出来るのか?
ということについて書いてみたのですが
いかがだったでしょうか?

繊維によって適切な
アイロンの温度は違っているので、
アイロンがけをする前は
必ずどれくらいの温度でかければよいのか
ということを確認しておきましょう^^

という事で
この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください