オーブントースターでクッキングシートを使うのは危険?燃えるの?

オーブントースターで
揚げ物やフライなどを温め直すと
表面がカリッと美味しくなりますよね?

この間、我が家で
揚げ物の油が下に垂れないように
揚げ物の下にアルミホイルを敷いて
温めようとした時のことなんですが、

材料棚を見てみたらアルミホイルが
切れてしまっていたので、
「何か代わりに使えそうなものはないかしら?」
と思い、

アルミホイルの代わりに使えそうなものを探していたところ、
「クッキングシートなら耐熱温度も高いし使えるのでは?」
と思ったものの…

オーブントースターでクッキングシートを
使っても大丈夫なのかどうか調べてみたところ、
私と同じ疑問を持っている方も少なくないようだったので、

今回は、オーブントースターで
クッキングシートを使っても大丈夫なのかどうか?
ということについてみなさんにシェアしていきたいと思います^^

オーブントースターでクッキングシートを使うのは危険?燃えるの?

オーブントースターでクッキングシートは
使っても大丈夫なのでしょうか?

結論から言ってしまうと、
オーブントースターでクッキングシートを使うと
クッキングシートが燃える危険性があるのでNG
となります。

クッキングシートは耐熱温度が
250℃で20分以内となっていることが多いですが、

オーブントースターで使用する場合、
熱源に非常に近いかたちになるので、
ほぼ直火で使用するのと変わらなくなり、
クッキングシートが焦げたり燃えたりする
可能性が高いのでオーブントースターの
取扱説明書を見てみると使用しないように…
と注意書きがされていました。

なので、クッキングシートはオーブンや電子レンジなど
あくまでも間接的な熱源の調理器具に使用するためのもの
と考えておくと良いかもしれませんね。

実際、
オーブントースターでクッキングシートを
燃やしてしまった経験があるという方も
少なくないようでしたので、
クッキングシートはオーブントースターで
使用しないようにした方が良さそうです。

 

オーブントースターにはアルミホイルの使用がおすすめです

 

というわけで、
オーブントースターでクッキングシートを使用すると
燃える危険があるのでNGということだったんですが、

オーブントースターで調理する際には
耐熱温度が600℃と高いアルミホイル
を使用するのが安全です。

アルミホイルであれば、
オーブントースターで使用したとしても
燃えることはありません。

ただ、アルミホイルがヒーターに
直接当たってしまうと、
溶けてヒーターに焦げ付いてしまうので、
ヒーターにつかないように使用することが大切です。

・オーブントースターのヒーターにくっついてしまったアルミホイルを落とす方法

ちなみに、
オーブントースターでアルミホイルを使って調理をした時、
食材がアルミホイルにくっついてしまうことがあります。

例えば、
お魚やお餅を焼いたらアルミホイルにくっついて
上手く焼くことができなくなってしまった
ということがあったりしますが、

このような事は

  • アルミホイルをくしゃくしゃにしてから広げて使用する
  • アルミホイルの上に薄く油を敷いて使用する

というようにすることで簡単に予防することができるので、

オーブントースターでアルミホイルを使って
何か食材を調理する場合は参考にしてみてくださいね(^^)/

 

まとめ

 

今回は、
オーブントースターでクッキングシートを
使用しても大丈夫なのかどうか?
ということなどについて
書いてみましたがいかがだったでしょうか?

オーブントースターでクッキングシートを使用すると
燃える危険性があるため使用できないので、
アルミホイルを使用して調理するようにしましょう。

また、アルミホイルを使用する際も
ヒーターに当たらないようにしないと
溶けてしまうので注意してくださいね。

ということで
この記事がなにかの参考になれば嬉しいです(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください