ポイントカードのポイントを端数の支払いに使うとお得な2つの理由!

あなたは何か貯めている
ポイントってありますか?

私は、楽天ポイントと
Tポイントが使われている
お店に行く事が多いので、
この2つのポイントが
貯まっていくって感じなんですが、

そうはいっても、
100円で1ポイントなので、
よほどたくさん買い物しないと、
ポイントだけで十分買い物が
できるようにはなりません。

ただ、ポイントを使わないで
貯め続けていたとしても意味がないですし、
有効期限で失効してしまうこともあるので、
私は端数が出た時その端数分を
ポイントで支払う事が多いんです^^

もしかしたら、
同じように端数をポイントで払っている
という方もいらっしゃるかもしれませんが、
端数をポイントで払うようにすると、
普通に買い物するよりお得になるので、
今回はその理由についてみなさんに
シェアしていきたいと思います!

ポイントカードのポイントを端数の支払いに使うとお得な理由!

 

では、ポイントカードに貯まった
ポイントを端数の支払いに使うと
お得な理由についてご紹介していきます。

端数というのは「398円」だった場合
「98円」のところになります。

 

1.端数は切り捨てられポイントが貯まらないから

 

ポイントカードのポイントを
端数の支払いに使うと
お得になる理由の1つ目は、
端数分は切り捨てられポイントが貯まらないから
ということになります。

これはどういうことかというと…

もし、398円分買い物をした時、
100円で1ポイント貯まるポイントカードで
貯まるのは「3ポイント」。

つまり、
端数の98円分はノーカウントとなって
ポイントが貯まらないため、
損をしてしまっている状態になります。

この端数分の支払いを、
ポイントカードに貯まっていた
ポイントで払うようにすると、
「3ポイント」貯まるようにしたまま
端数の支払いができるため、
ポイントの取りこぼしがなくなり、
ポイントも有効活用できるので
一石二鳥の使い方といえるのですね。

 

2.端数をポイントで払うと支払いがスマートになるから

 

ポイントカードのポイントを
端数の支払いに使うとお得になる理由の2つ目は、
支払いがスマートにできるということです。

現金で支払う方の場合は、
端数の小銭を探すのも時間がかかりますし、
かといってお釣りが大きくなってしまうと、
お釣りを確認する手間がかかってしまうので
スマートではなくなってしまいがちです。

ですが、端数をポイントで支払えば、
キリの良い会計にすることができるので、
ササッとお会計を済ませやすくなるので
時短になりますし気分も良いです。

また、クレジットカードや
電子マネーで支払うという方の場合は、
オンライン上で確認できる利用明細を見た時、
キリの良い数字になっているので、
見た目がスッキリと感じられますよ^^

 

ポイントで端数の支払いが出来ない場合もあるので注意!

 

ということで、
ポイントカードに貯まったポイントは
会計時出た端数分に使うと少しだけ
お得だよということについては
先程ご紹介した通りなんですが、

お店によってはポイントで
端数払いが出来ない場合も
あるので注意が必要です。

例えば、
マクドナルドはポイントでの
端数払いが出来ません。

マクドナルドではDポイントと
楽天ポイントを使う事ができますが、
もし使うとしたら、
商品代金分全部ポイントで支払うか、
貯まっているポイントを全額使って
残りを現金払いするしかできません。

このように、
自分で使いたいポイントを
自由に決める事ができない
お店もたまにあるので
頭の片隅に入れておくと良いですよ^^

 

まとめ

 

今回は、ポイントカードに貯まった
ポイントを端数の支払いに使うと
お得な理由についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

ポイントカードは還元率は
そこまで高くないので、
大きな買い物に使うという事は
なかなかできないかもしれませんが、

ちょっとした端数を支払うのには
とても便利なので積極的に使っていくと、
切り捨てられる支払い分がなくせたり、
会計をスマートに済ませられるので
もしよかったら参考にしてみてくださいね♪

ということで、
最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください