冷蔵庫から開けると止まる変な音(カタカタ・ブーン)がする原因3つ!

「冷蔵庫から変な音がしていて、
ドアを開けるとその音が止まるのですが、
この変な音の原因は一体何なのでしょうか?」

こんな疑問を持っている方も多いようです。

我が家の古くなっていた冷蔵庫も
同じような現象が起こっていて、
前々から不思議に思っていた事があって、
冷蔵庫のドアを開けると止まる変な音は
どうして鳴っているのか気になっていたのですが、

このように、私と同じ疑問を
持っている方も少なくないようだったので、
今回は、冷蔵庫から開けると止まる
変な音(カタカタ・ブーン)がする原因や
対処法についてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^

冷蔵庫から開けると止まる変な音(カタカタ・ブーン)がする原因3つ!

 

冷蔵庫からドアを開けると止まる
変な音(カタカタ・ブーン)がする場合には
どのような原因が考えられるのでしょうか?

 

原因1.ファンに霜などにぶつかっている

 

冷蔵庫のドアを開けると止まる変な音がする場合に
考えられる1つ目の原因は、
冷蔵庫のファンが霜などにぶつかっている
という事になります。

ファンは冷蔵庫の庫内に冷気を
送り込む役割があるので、
冷却器のすぐそばについていますが、
冷却器には霜が発生してしまう場合があり、
その霜が成長していくに従って、
ファンに霜がぶつかってしまう場合があります。

ファンが霜にぶつかってしまうと、
カタカタというようなぶつかるような音が
冷蔵庫の運転中するようになりますが、
ドアを開けるとファンは停止する仕組みに
なっている冷蔵庫は少なくないため
ドアを開けると音が止まるという現象が起こります。

 

原因2.ファンやファンモーターの故障

 

冷蔵庫のドアを開けると止まる変な音がする場合に
考えられる2つ目の原因は、
ファンやファンモーターが故障している
という事になります。

冷蔵庫のファンはドアが開いている時は
庫内の冷気を外に送り出してしまわないよう
停止するようになっている場合が多いですが、

ファンは冷蔵庫のドアが閉じている際は、
コンプレッサーと並んで最も稼働している
部品になるのでその分劣化も進みやすく
不具合や故障が起こってしまう事も少なくありません。

ファンやファンモーターに不具合や
故障が起こってしまうと、
それが原因でブーンとかカタカタというような
変な音が発生してしまう場合があります。

 

原因3.コンプレッサーの振動が過剰に伝わっている

 

最後3つ目に考えられる原因は、
コンプレッサーの振動が過剰に伝わっている
ということになります。

コンプレッサーは冷蔵庫の
心臓部ともいえる重要な部品ですが、
コンプレッサーは稼働率がとても高い部品なので
その分劣化が進みやすいですし、
コンプレッサー本体だけでなく周囲の
振動を抑制するためのゴムや部品が
劣化してしまう事も少なくありません。

コンプレッサーの周囲の振動を抑制していた
部品が劣化して振動が伝わりやすくなると、
冷蔵庫からブーンというような変な音がするようになったり、
振動によって配管などがぶつかり合うようになると
カタカタという音がしてきてしまう場合があります。

 

冷蔵庫から開けると止まる変な音がする時の対処法

 

ここまでは、冷蔵庫から開けると止まる
変な音がする原因についてご紹介しましたが、
ここからは、その対処法について
ご紹介していきたいと思います。

 

対処法1.冷蔵庫の電源を一度落とす

 

冷蔵庫から開けると止まる変な音がする場合は、
まず一度冷蔵庫の電源を落としてみましょう。
時間としては最低でも1時間で、
できるのであれば3~4時間ほど
電源を落としたままにできれば理想的です。

もし、変な音の原因が霜であれば、
このように冷蔵庫の電源を落とす事で
霜が溶けてなくなりますので、
再度電源を入れた時には音が
鳴らなくなっているはずです。

ただ、冷蔵庫の電源を落とすにあたっては、
一度食材を移動させておく場所が必要になるので、
保冷剤とクーラーボックスを用意しておいて、
簡易的な冷蔵庫を作っておきそこに
食材を保管できるようにしておきましょう。

冷蔵庫をクーラーボックスと保冷剤で代用する方法!停電、引越し時に

 

対処法2.冷蔵庫の温度設定を弱くする

 

2つ目の対処法は、
冷蔵庫の温度設定を弱くするという方法になります。

冷蔵庫は常に庫内を冷やそうと
しているわけではなく、
庫内が設定温度に達したら運転が止まり、
庫内が冷えすぎないようになっています。

冷蔵庫の温度設定を強にしていると、
冷蔵庫が運転する時間が長くなるため、
音が発生する時間も長くなりますが、
逆に、温度設定を弱にすると、
冷蔵庫の運転時間も短くなるため、
音の発生時間も短くなって
音が気になりにくくなる場合があります。

 

対処法3.電気店やメーカーに相談する

 

なんだかんだ言っても、
ファンやファンモーター、
コンプレッサーやその周りの部品の劣化、
こうした事が原因で音が発生している場合は、
部品を調整したり交換したりしなければ
音を止める事ができない可能性が高いので、
電気店やメーカーに相談して、
点検や修理をしてもらうようにしましょう。

 

まとめ

 

今回は、冷蔵庫のドアを開けると止まる
変な音(カタカタ・ブーン)がする原因や
対処法についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

ファンが霜などにぶつかっている事が
原因で音が出ている場合は、
一度冷蔵庫の電源を落として
霜を溶かせば音がしなくなる可能性がありますが、

ファンやファンモーター、コンプレッサーや
その周辺の部品が劣化している事が原因で
音が出ている場合は部品を交換したりしないと
音を止める事ができない可能性も高いので、
一度電気店やメーカーに相談してみると良いかと思います。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです(*´∀`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください