冷蔵庫のゴムパッキンのカビの掃除方法をカビの度合い毎に解説!

冷蔵庫って使い始めてしまうと、
中に食材が常に入っている状態なので、
わざわざ食材を全部出したりして、
冷蔵庫の中を掃除するなんて事も
少なくなりがちなんて人も多いのでは?

さて、今回はそんな冷蔵庫でも
特に見落とされがちな
ドアのゴムパッキンに生えてしまった
カビの掃除方法について、
発生しているカビの度合い毎に
解説していきたいと思います。

冷蔵庫のゴムパッキンのカビの掃除方法をカビの度合い毎に解説!

 

では早速、冷蔵庫のゴムパッキンの
カビの掃除方法について、

  1. まだ発生してまもないカビ
  2. 発生してから時間が経っているカビ
  3. カビ取りしても取れない頑固なカビ

この3段階に分けて解説していきます。

 

1.まだ発生して間もないカビの掃除方法

 

冷蔵庫のドアのゴムパッキンに発生したカビが
まだ生え始めのカビだった場合には
キッチン用のアルコール除菌スプレーを吹きかけ
キッチンペーパーなどで拭き掃除すれば
カビをきれいに取る事ができます。

フマキラー アルコール除菌 キッチン用 アルコール 除菌スプレー (400mL) ツルハドラッグ

 

冷蔵庫は食品を保管する場所なので、
極力カビ取り剤などは使いたくないもの。

生え始めのまだ取りやすいカビは
安全なアルコール除菌スプレーを使って
カビ取りをするようにしましょう。

 

2.発生してから時間が経っているカビの掃除方法

 

冷蔵庫のゴムパッキンに発生してから
時間が経過しているカビは、
アルコール除菌スプレーで落ちないので、
その場合はゴムパッキン用の
カビ取り剤を使って掃除していきましょう。

ゴムパッキン用のカビ取り剤を
冷蔵庫のゴムパッキンに生えているカビに塗り、
15~30分ほど放置したら、
液が残らないようにしっかりふきんで
水拭きすればOKです。

また、カビ取り剤を使用する際は、
冷蔵庫の電源を落とし、
庫内の食材は保冷剤を入れた
クーラーボックスに一時移動させ
冷蔵庫の中を空にした状態で行いましょう。

冷蔵庫をクーラーボックスと保冷剤で代用する方法!停電、引越し時に

カビ取り剤というとスプレータイプのものを
思い浮かべる方もきっと多いと思いますが、
スプレータイプのカビ取り剤だと、
スプレーした時についてほしくない場所に
液がついてしまう場合があるので、
冷蔵庫のような食材を保管するような場所では
使用するのには向いていません。

ゴムパッキン用のカビ取り剤は、
狭い範囲にピンポイントで塗れるので、
冷蔵庫のゴムパッキンのカビ取りにも最適です。

【送料無料・まとめ買い2個セット】ジョンソン カビキラー ゴムパッキン用 100g ( 掃除 防カビ カビ取り剤 )

 

 

3.カビ取りしても取れない頑固なカビの掃除方法

 

カビ取り剤で掃除しても取れない
頑固なカビが冷蔵庫のゴムパッキンに
生えてしまっている場合はどうすれば良いのでしょうか?

この場合は、
カビ取り剤をよく染み込ませた
キッチンペーパーを用意し
カビの上から貼り付け、
さらにその上からラップをかけて密閉し、
15~30分ほど放置した後、
よく水拭きするようにして掃除します。

完全に落とすのは難しい場合もありますが、
頑固なカビでもこの方法で掃除すると、
落とす事ができたり薄くしたりすることができますよ。

また、先程もお話しましたが、
カビ取り剤を使用する際は、
冷蔵庫の中身を一度すべて取り出し、
電源を切って掃除するようにして下さいね。

 

まとめ

 

今回は、冷蔵庫のドアのゴムパッキンに
発生したカビの掃除方法について、
カビの度合い毎にご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

生え始めたばかりのカビであれば、
キッチン用のアルコール除菌スプレーを吹きかけ
拭き掃除するだけでサッと落とす事ができますが、

生えてから時間が経過しているカビは、
カビ取り剤を使用しないと落ちない事が多いので、
その場合は一度冷蔵庫の中身を空っぽにし
電源を落としてからカビ取り剤を使って
掃除するようにしましょう。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください