冷蔵庫からパンという音がする原因2つ!冷蔵庫の故障ではない?

 

我が家で使っている10年くらい前の
かなり古い冷蔵庫の話なんですが、
最近、時々パンという音が頻繁に
鳴るようになったんです(^_^;)

キッチンに立っている時や、
食事中、いきなり冷蔵庫からパン
という音がするとビックリしますし、
なんとなく気味が悪い感じもしていたので、

冷蔵庫からパンという音が鳴る場合は、
どんな原因が考えられるのか?
ということについて調べてみたのですが、
この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、冷蔵庫からパンという音がする
場合に考えられる原因について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

冷蔵庫からパンという音がする原因2つ!冷蔵庫の故障ではない?

 

冷蔵庫から聞こえてくるパンという音の
原因は一体何なのでしょうか?

「まさか、冷蔵庫が故障してしまったの?」
と、不安になっている方もいらっしゃるかもしれませんが、
パンという音がしていても冷蔵庫が
しっかり冷えている場合は故障の可能性は
ほとんどありませんよ。

では、早速冷蔵庫からパンという
音がする原因について見ていきましょう。

 

1.冷蔵庫の樹脂部品などが収縮や膨張を起こし軋む音

 

冷蔵庫からパンという音がする原因の1つ目は、
冷蔵庫の樹脂部品などが冷やされたり温められたり
という温度変化によって収縮や膨張を起こし、
軋みが発生した時に出る音になります。

樹脂部品が温度変化によって
収縮や膨張を起こし軋む事によって
パンという音が発生する事は
ごくごく自然なことで
冷蔵庫の異常ではありませんので、
特に何か心配したり対処したりする必要はありません。

 

2.冷媒ガスの通路に汚れが付着している

 

冷蔵庫からパンという音がする原因の2つ目は、
長期間使用している事で冷媒ガスの通路に
油などの汚れが付着してしまった事で
コンプレッサーが運転を始めた際、
冷媒ガスに強い圧力がかかってパンという
音が出ているという事になります。

コンプレッサーは冷媒ガスを循環させる
いわば冷蔵庫の心臓ともいえる部品ですが、
コンプレッサーには潤滑油が入っており、
この潤滑油は冷媒ガスとともに少しずつ
配管の方へと流れ出していき、
それが配管に溜まって配管が狭まると、
強い圧がかかって冷媒ガスが流れる現象が起こり、
その際にパンという音が出る場合があります。

コンプレッサーが動くのと同じくらいの
タイミングでパンという音が出る場合は、
冷蔵庫の故障ではありませんが、
冷蔵庫の使用期間の長さや劣化具合を
判断する1つのポイントになりますので、
買い替えを考え始めるきっかけにすると良いかもしれません。

 

まとめ

 

今回は、冷蔵庫からパンという
音がする場合に考えられる2つの
原因についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

冷蔵庫からパンという音がするからと言って、
すぐに何か対処しなければならない…
という事は特にないようですが、
コンプレッサーが動いたタイミングで
パンという音が鳴るようになっている場合は、
そろそろ冷蔵庫を買い換える
タイミングかもしれません。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください