ずっと使ってない冷蔵庫は使えなくなっている?臭いがヤバい?

「数年間もの間ずっと使ってない
冷蔵庫があって使いたいと思っているのですが、
ずっと使っていなかったので
使えなくなっているのでは?と不安です。
ずっと使っていなかった冷蔵庫を使うのは
避けた方が良いのでしょうか?」

このように、長い間使っていなかった
冷蔵庫を持っていてある日使いたい
と思うなんてケースも多いようです。

新しい冷蔵庫を買った時、
「まだ使えるから…」と冷蔵庫を捨てずに
取っておかれる方も少なくありませんが、

このように、
ずっと使っていなかった冷蔵庫を
数年越しで使おうと思った場合、
果たして問題なく使用することができるのでしょうか?

この事について気になっている方も
少なくないようでしたので、
今回は、これについてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^

ずっと使ってない冷蔵庫は使えなくなっている?臭いがヤバい?

 

ずっと使っていなかった冷蔵庫を
また使いたいと思った時、
「本当に使えるの?大丈夫?」
と、不安になる方も多いと思いますが、

基本的に冷蔵庫のコンセントを挿して
電源が入って動くようであれば、
また冷蔵庫として使う事はできると思います。

ただ、長期間保管している際に、
庫内にカビが大量発生してしまっていた場合は、
庫内をしっかり掃除したとしても、
冷蔵庫の機械や内部にもカビが生えてしまっていて、
使う事ができなくなっている可能性があったり、

また、保管状態が悪かったりすると、
冷蔵庫の配管などにサビが発生して、
使用するのが難しい状態になっているかもしれませんし、
コンプレッサーのゴムベルトが劣化していたり、
ドアパッキンのゴムが劣化していて
使い物にならなくなっているかもしれません。

ですから、長期間使っていなかった
冷蔵庫を改めて使う際は
電源が入ってきちんと冷えるかどうか?
という事はもちろんですが、

  • 庫内にカビが大量発生していないかどうか?
  • 冷蔵庫に目立ったサビが発生していないかどうか?
  • 冷蔵庫の動作音に異常がないかどうか?
  • ドアパッキンが劣化していないかどうか?

という事についてもよく確認するようにしましょう。

もし、確認してみて当てはまっている事があれば、
冷蔵庫は使用せず処分するようにした方が良いと思います。

 

ずっと使っていなかった冷蔵庫、使えた場合はどうすればいい?

 

ずっと使っていなかった冷蔵庫が
もし使えるという事が分かった場合は、
まず、冷蔵庫全体をしっかり掃除してから
使い始めるようにして下さい。

おそらく保管している間に、
冷蔵庫の庫内にカビが少なからず
発生しているでしょうから、
冷蔵庫全体をアルコール除菌スプレーし、
清潔なふきんで冷蔵庫を拭き掃除し、
最後に乾いた清潔なふきんで
水気を拭き取ってから冷蔵庫の電源を入れ
運転させるようにしましょう。

また、電源を入れてみて冷蔵庫が
しっかり冷えているにも関わらず、
カビ臭い感じが残ってしまっている場合は、
冷蔵庫の内部にカビが大量に発生してしまっている
という可能性が考えられますので、
冷えていて使えそうだったとしても
処分した方が無難です。

 

まとめ

 

今回は、ずっと使ってない冷蔵庫を
再び使う事はできるのかどうかや、
ずっと使っていなかった冷蔵庫を使いたい場合は
どのような点について確認すれば良いのか?
という事についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

ずっと使っていなかったとしても、
電源を入れれば問題なく冷えて使える
という場合は決して少なくないのですが、
保管する前に冷蔵庫をしっかり
掃除していなかったりすると、
冷蔵庫にカビが大量発生してしまって
それで使えなくなってしまったり、

冷媒ガスが通る配管にサビで穴が開いて
冷媒ガスが抜けてしまって使えなくなる
というような事もあるので、
長期間保管状態だった冷蔵庫を
再び問題なく使えるかどうかは
よく確認してみないと分かりませんが、

もし、ずっと使っていなかった冷蔵庫を
また使いたいと思った場合は、
今回ご紹介した事を参考にして、
使えるかどうか確認してみて下さい。
ちょっとでも怪しいと感じたら、
使わないようにした方が良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください