ストーブが長持ちする芯式ストーブと石油ファンヒーターの空焚き方法

我が家では、
これまで芯式ストーブ
を使っていたんですが、
かなり古くなってきてたので…

新たに石油ファンヒーターを買って
1シーズンを使ったところだったんですが、

「そういえば、
芯式ストーブを片付ける時は
空焚きをするようにしていたけど、
石油ファンヒーターの空焚きって
どうやったら良いのかしら?」

と、疑問に思いました(;^_^A

そこで、
石油ファンヒーターの空焚き方法
などについて調べてみたところ、

これまで使っていた芯式ストーブと
石油ファンヒーターでは
しまう前のお手入れ方法が全然違っていて、

芯式ストーブと石油ファンヒーターの
お手入れ方法を毎年忘れてしまう気がしたので、

今回は、
芯式ストーブと石油ファンヒーターの
空焚き方法の違いなどについて
備忘録として書いていきたいと思います。

 

芯式ストーブと石油ファンヒーターの空焚き方法

 

という事で、
石油ファンヒーターの空焚き方法
について調べてみた私だったんですが、

芯式のストーブや石油ファンヒーターでは
空焚き方法やお手入れの仕方が
違う事が分かったので、
それぞれのお手入れ方法について
まとめていきたいと思います^^

 

◆芯式ストーブの空焚き方法

 

芯式ストーブを空焚きをしていく前に…
まずタンクにある灯油の量を
確認してください。

もし、タンクに灯油が
たくさん残ってしまっていると、
空焚きを済ませるまで時間が
かかってしまうので、

タンクにたくさん灯油が残っている場合は、
給油ポンプを使って残っている灯油を
ポリタンクに移して空焚きを
速く済ませられるようにしましょう。

で、ストーブのタンクの中の灯油が
少ない状態にすることができたら
空焚きをしていくんですが…

芯式ストーブの空焚きする場合は
以下の手順でやっていきます。

 

  1. ストーブを点火させる
  2. 赤くなっていた芯が徐々に暗くなるまで待つ
  3. 芯が暗くなってきたら芯を一番高くまで上げる
  4. 灯油が無くなって自然と燃焼が止まるのを待つ
  5. 芯が暗いままになったら空焚き完了

 

このように、
普通にストーブを点火させて
自然と火力が弱くなってきたら
芯を最も高いところまで上げて
火が完全に消えたら空焚き終了…

となるんですが、
芯式ストーブを空焚きをせさると、
芯に残っている不純物を
除去することができるため
芯を長持ちさせることができるんですね^^

ちなみに、
芯式ストーブを空焚きをする場合は、
煙が出たり
臭いがする場合があるので、
基本的には室外で行うのが無難です。

それから、
芯の周りにススやゴミが溜まっている場合は、
芯や芯の周辺が冷えている事を確認したうえで、

 

  1. ストーブの表側にある網を外して芯を取り出す
  2. 芯に付着しているゴミを使い古しの歯ブラシなどで軽く擦る
  3. 芯を設置してある周り(ストーブ本体)にあるススやごみを雑巾で拭き取る
  4. 網を元のように設置する

というようにして
お手入れするようにしてください。

 

◆石油ファンヒーターの空焚き方法

 

つづいて、
石油ファンヒーターの空焚きについて
書いていきたいと思うんですが…

実は、石油ファンヒーターは
空焚きする必要はありません!

なので石油ファンヒーターの場合、
芯式ストーブのように
空焚きする必要はないんですが、

石油ファンヒーターをしまう前にも
お手入れしておくべきポイントが当然あるので
それについてご紹介していきますね(笑)

まず、1つ目は、
給油タンクと本体がつながっている部分の
油フィルターの掃除をするということなんですが、

油フィルターは灯油タンクと
本体のつなぎ目の部分にあって
取り外すことができるようになっているんですが、

まず油フィルターが入る大きさの
容器(バケツなど)を用意し、
そこに新しい灯油を入れておき、
取り外した油フィルター入れて
灯油ですすぐように洗って
フィルターのゴミを取り除いていきます。

油フィルターのゴミを取り除くことができたら、
乾いた布で灯油をふき取り十分に乾燥させ、
油受け皿の掃除をしていきます。

油受け皿は油フィルターの
下にある凹みの部分になるんですが…

油受け皿に残っている灯油を
給油ポンプを使って吸い上げ
取り除いていきます。

油受け皿の灯油を取り除いたら
最後に空気取り入れ口の掃除をするんですが、
これはストーブの裏にある
フィルターの部分の事になります。

ストーブのフィルターに
ホコリが溜まってしまうと、
ストーブが燃焼するのに必要な酸素を
ストーブが取り込むことができなくなり
不完全燃焼を起こしてしまう可能性があるので、

ストーブをしまう前には
フィルターに溜まってしまった
ほこりをしっかりと除去しておくようにする
事がとても大切な事なんです^^

 

まとめ

 

今回は、
芯式ストーブと石油ファンヒーターの
空焚き方法の違いなどについて書いてみました。

いずれにしても
ストーブをしまうオフシーズン前は
しっかりとお手入れしておくことが
ストーブを長持ちさせる秘訣なんですが…

芯式ストーブと石油ファンヒーターでは
そのお手入れ方法が違ってくるので、
お使いのストーブに合った
お手入れ方法を知っておくことは
ストーブを長く快適に使用する上で
とても重要なことになります^^

もちろんこういったお手入れ方法は
取り扱い説明書にも書かれてあることなので、
ストーブをしまう前には取り扱い説明書を
見てどうやってストーブをしまったらよいか
ということを確認してからしまうようにすると
間違いないと思います(‘ω’)ノ

という事で
この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです(#^^#)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください