ストーブが急に白い煙を出して消火した!2つの原因と対処法!

先日、ストーブをつけていたら
急にストーブから白い煙が出て
勝手に消火してしまったんです(;’∀’)

「え??これってヤバくない(;’∀’)」

と慌てた私は、
とりあえずストーブの電源を切って
部屋の換気をしたんですが、
ストーブから白い煙が出た
経験はこれまでなかったので…
一体何が起こったのか
見当もつきませんでした(;^ω^)

なので、とりあえず、
ストーブから白い煙が出る原因について
調べてみることにしたんですが、

すると、私と同じように、
ストーブの燃焼中急に白い煙が出て
ストーブが消火してしまい
どうしたら良いかわか分からない方も
多いようだったので、

今回は、ストーブが白い煙を出して
消火してしまう場合に考えられる
原因や対処法について
書いていきたいと思います^^

 

ストーブ(石油ファンヒーター)が急に白い煙を出して消火する2つの原因

 

ストーブが運転中
急に白い煙を出して消火してしまった…

という場合は
一体どのような原因が
考えられるのでしょうか?

このような場合は、
次の2つの原因が考えられます。

 

1,エアフィルターの目詰まり

 

ストーブから急に白い煙が出て
消化してしまった場合に
考えられる1つ目の原因は、
エアフィルターの目詰まり
になります。

ストーブの後ろ側には
空気を取り込む場所があり、
ほこりが入らないように
するための「エアフィルター」が
ついているはずなんですが、

エアフィルターは使用していくうちに
ほこりが付着していってしまいます。

エアフィルターにほこりが溜まると
空気を通しにくくなってしまうので、
ストーブが十分空気を取り込めず
燃焼不良を起こす原因になるんですが…

ストーブが燃焼不良を起こすと、
白い煙を出して消火する
という現象が起こってしまいます。

なので、エアフィルターを見て、
ほこりが溜まっているようであれば、
エアフィルターのほこりを
掃除機などで取り除くようにしてください。

ちなみに、
エアフィルターを外したまま
ストーブを使用してしまうと
送油経路にゴミやホコリが入り込んで
異常燃焼を起こす原因になりますので、
エアフィルターが破れている場合は
新しいものに交換してから
ストーブを使用するようにしてください。

 

2,変質灯油、不純灯油の使用

 

2つ目に考えらえる原因は、
変質灯油や不純灯油の使用
になります。

変質灯油はシーズンを
またいでしまった灯油の事なんですが、
(例えば、去年の残り灯油を
今年使ってしまった…というような場合は、
変質灯油を使用したということになります。)

変質灯油を使用してしまうと、
ストーブが正常に動作しなくなり
着火不良や燃焼不良が起きて、
ストーブが急に白い煙を出して
消火することがあります。

また、
水やゴミが混じった不純灯油を
使用してしまった場合…

オイルフィルターや油受け皿に
水やゴミが溜まって
それによって灯油が本体に
給油できなくなる場合があり、
着火不良や異常燃焼を
起こしてしまう原因になります。

なので、もし、
変質灯油(持ち越し灯油)や不純灯油を
使用してしまった可能性がある場合は

タンクとオイルフィルターの洗浄、
そして油受け皿の水抜きを
行ってみてください。

 

◆給油タンクとオイルフィルターの洗浄方法

 

給油タンクとオイルフィルターの
洗浄方法についてですが、

給油タンクは一度入っている灯油を捨て
給油タンクに新しい灯油を少々入れて
左右に振りながら全体を洗うようにする
ということを2~3回繰り返してください。

オイルフィルターはバケツなどに
新しい灯油をオイルフィルターが
つかるくらい入れておき、
そこにオイルフィルターを入れて
洗うようにします。

 

◆油受け皿の水抜き方法

油受け皿の水抜きは
以下の記事で詳しく解説してあります。

・油受け皿の水抜き方法

エアフィルターにほこりが
付着していないにもかかわらず、
ストーブが白い煙を出して
消火してしまう場合は、

不純灯油や変質灯油を使用したことが
原因である可能性が高いので、
先ほどご紹介した手順で、
給油タンクとオイルフィルターの洗浄、
油受け皿の水抜きを行ってみてください。

 

対処した後もストーブが白い煙を出し消火する場合は…

 

ここまでは、
ストーブが運転中急に白い煙を出して
消火してしまった場合に
考えられる原因とその対処法について
ご紹介したんですが…

もし、先ほどご紹介した
原因と対処法を確認してみても、
症状が直らない場合は…

ストーブを点火させる
点火プラグの劣化など
何かしらストーブの部品が故障している
可能性も考えられるので、

点検や修理をメーカーに依頼したり
新しいストーブに買い替える
というような対処が現実的かと思います。

 

まとめ

 

今回は、石油ストーブが燃焼時に
急に白い煙を出して消火する
2つの原因や対処法などについて
ご紹介しました。

点火時や消火時であれば多少の白い煙が
出るのは異常ではありませんし、
新しいストーブを初めて点火させる際に
煙が発生するのも耐熱塗料や
付着していたホコリが一時的に
燃えるためなので特に問題はないんですが、

ストーブが点火中に
急に白い煙を出して消火した場合は
何らかの異常が起こっていると
考えて間違いないので、
しっかりと原因を探って
適切に対処していくことが大切です^^

という事で、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです(#^^#)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください