【芯式ストーブ】綿芯とガラス芯の交換時期の違い!目安は何年なの?

芯式ストーブを使っている方は
昔よりも減ってきている最近ですが…
それでも、芯式ストーブを愛用している方は
まだまだたくさんいらっしゃいます^^

実際、私も芯式ストーブを
愛用している一人なんですが、
これまで、メンテナンスは
全て旦那に任せっきりだったので、
芯のメンテナンスや交換などは
したことがことがなかったんですが…

ある日、
芯式ストーブの火力が
明らかに弱くなっていたので…

「もしかしたら芯の
メンテナンスをしないとマズイ?」

と思ったので、
旦那を呼ぼうとしたんですが、
ちょうど旦那がいなかったので、
どうせならこの際対処の仕方を
覚えてしまおうと思いました(笑)

そこで、芯式ストーブの
芯のメンテナンス方法
について調べてみたんですが、

芯式ストーブの芯には
「ガラス芯」と「綿芯」の
2種類があることが分かり
それぞれ交換時期や
メンテナンス方法が違う事が分かりました。

 

で、私と同じように芯式ストーブの
芯の交換時期やメンテナンス方法について
疑問に思う方も少なくないようだったので、

今回は、芯式ストーブの
ガラス芯と綿芯の交換時期について
それぞれ書いていきたいと思います。

 

【芯式ストーブ】ガラス芯と綿芯の交換時期の目安は何年?

 

という事で、
芯式ストーブの芯の交換時期の
目安について気になった私だったんですが、

芯式ストーブの芯は
一般的にはガラス芯が
多く使われているようなので、
まずはガラス芯の交換時期や
メンテナンス方法についてご紹介していき、

それから綿芯の交換時期について
ご紹介していきたいと思います^^

 

◆ガラス芯の交換時期の目安

 

まず、
ガラス芯の交換時期の目安は
何年くらいなのか?
ということなんですが、

結論からいってしまうと、
ガラス芯はしっかりメンテナンスすれば
何年でも使うことができ、
ガラス芯が破損してしまった時のみ
交換が必要になります。

 

ガラス芯の上部はガラス繊維でできているので、
芯が燃えて交換しなければならなくなる
ということがありません(‘ω’)ノ

ありませんが、
使っていているうちに…

ガラス芯に付着したホコリが
焦げてススがついてしまうと、
ガラス芯が目詰まりを起こし
炎の燃焼が不安定になってしまう事があります。

このように炎の燃焼が
悪くなってしまった場合は
芯を交換しなければなりません。

 

一体どうすればガラス芯を
長く使い続けることができるのか?
ということなんですが、

しまう前に「空焚き」することで
ガラス芯を長持ちさせることができるんです^^

「空焚きって何?」
と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、
空焚きとは、ストーブの灯油が
完全になくなるまで燃焼させる作業になります。

空焚きをすると、
ガラス芯に付着している
タールを除去することができるので
また使う時に芯が新品に近い状態で
使い始めることができるんです^^

・芯式ストーブと石油ファンヒーターの空焚き方法の違いとは?

 

◆綿芯の交換時期の目安

 

続いて、
綿芯の交換時期の目安は
何年くらいなのか?
ということなんですが…

綿芯の交換時期は
だいたい3年~5年となります。

 

ストーブの使い方や頻度によって
芯の寿命が違ってくるので
一概に何年とはいえないのですが、

綿芯の場合は灯油がきれた状態で
燃焼させ続けてしまう
(つまり空焚きしてしまうと)
芯が燃えてしまうというのが
ガラス芯との大きな違いになります。

ガラス芯であれば
しっかり空焚きさえしていれば
ほぼ永久的に使用することができますが、
綿芯の場合は芯が燃えてしまうので
定期的に芯を交換しなければなりません。

 

で、綿芯が交換時期は
どうやって見極めたら良いのか?
ということなんですが、

綿芯が交換時期を迎えている場合は
次にご紹介する3つの症状が目安になりますので
確認してみてください^^

 

1,ストーブの火力が弱くなった

 

綿芯の交換時期の
1つ目のポイントは、
明らかに火力が弱くなってきた
ということになります。

火力を強くしても
弱い気がするという場合は
綿芯が短くなってしまっている
可能性が高いのですが…

綿芯が短くなってしまうと、
点火しにくくなってしまったり
部屋が暖まるのに時間が
かかるようになったり…

と、ストーブ本来の性能を
発揮できなくなってしまうので、
綿芯ストーブの火力が
弱くなってしまった場合は、
芯を交換する時期が来ている
と判断するようにしましょう。

 

2,悪臭が発生する

 

綿芯の交換時期が来ている
2つ目のポイントは、
ストーブの燃焼中に悪臭が発生する
するということになります。

綿芯が劣化してくると、
不完全燃焼が起こるため、
燃焼中に悪臭が発生してしまいます。

ストーブの燃焼中に
悪臭が発生してしまっている場合は、
綿芯の交換時期のサインですので、
早急に芯の交換を行ってください。

 

3,点火不良や消化不良が起こる

 

綿芯の交換時期を見極める
3つ目のポイントは、
点火不良や消化不良が起こる
ということになります。

点火不良が頻繁に起こる
ようになる原因としては、
変質灯油(持ち越し灯油)や
不純灯油を使用してしまった
というのが原因になりますが、

変質灯油や不純灯油を使用してしまうと、
ストーブの芯が固まってしまうため、
点火不良が起こりやすくなったり
消火しにくくなってしまう
というような事が起こります。

なので、
点火不良や消化不良が
起こっているような場合は、
芯を交換するだけでなく、
灯油が健全な状態のものかどうか
ということについても
確認するようにしてください^^

 

まとめ

 

今回は、綿芯の芯式ストーブと
ガラス芯の芯式ストーブの交換時期の
目安は何年くらいなのか?
ということなどについてご紹介しました。

芯式ストーブを使う場合は、
芯のメンテナンスを
することで長持ちさせることが
できるようになりますので、
芯のメンテナンスは徹底して
行うようにした方が良いと思います^^

という事で
この記事が何かの参考になれば嬉しいです(#^^#)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください