ストーブの灯油代を節約できるのはつけっぱなし?それともこまめな消火?

そろそろ寒くなってきて
ストーブを出す季節になったので、
我が家でも、
ストーブを出してきたんですが、
毎年灯油代で結構飛んでしまうので、

なんとか灯油代を少しでも
節約する方法はないものか…
と思っていたんですね(;´・ω・)

そこで、ふと、
灯油ストーブをこまめに消すようにすれば
灯油の消費量を減らすことができるのでは?

とひらめいて、
実践してみたんですが、
なんとなく灯油の減り方が
変わらない気がしたので、

実際、ストーブをつけっぱなしにするのと
こまめに消火するのとでは、
どちらが灯油代を節約できるのか
ということについて調べてみたんですが、

 

同じように疑問に思っている人も
少なくないようだったので、

今回は、
灯油ストーブをつけっぱなしにするのと
こまめに消すようにするのでは、
どちらが灯油代を節約できるのか
ということについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

 

ストーブの灯油代を節約できるのはつけっぱなし?それともこまめな消火?

 

灯油ストーブを
つけっぱなしにしておくのと、
こまめに消すようにするのでは、
どちらが灯油代の節約につながるのか?

ということについて
調べてみたんですが、

残念ながら、
どちらが灯油代の節約に有利か
ということははっきりとしませんでした。

というのも、
どんなストーブの使い方をするかや
家の断熱性などの条件によって
どちらの方が灯油代の節約に有利になるか
変わってくるからなんですね(;´∀`)

ストーブは点火する時に
たくさん灯油を消費するため
こまめにストーブを消火すると
消火している時は灯油を節約できますが、
ストーブを再度つけ直した時、
たくさん灯油を消費することになり、

結果的にちゃらになってしまう…
ということが起こり得ますし、

かといって、
ストーブをつけっぱなしにした場合は、
部屋が暖まってからも
灯油の消費量は少なめですが、
灯油を消費し続けていることになるので、

ストーブをどのように使っているかによって
どちらがお得なのかということは
変わってくるということになります(‘ω’)ノ

ただ、
ストーブをこまめにつけたり消したりすると、
ストーブが故障しやすくなって
しまうそうなので、
個人的にはつけっぱなしにした方が
良いのではないかと思ったんですが…

こまめにストーブを消すにしても、
部屋の熱を逃げにくくすることができれば
ストーブを消している時間が長く出来、
灯油代的の節約につながる可能性もあるので

次にストーブで暖まった部屋の
熱を逃げにくくする方法について
ご紹介していきたいと思います^^

 

ストーブで暖まった部屋の熱を逃げにくくする方法!

 

という事で、
ストーブで暖まった部屋の熱を
逃げにくくするための
方法についてご紹介していきます。

 

1,窓に断熱シートを貼る

1つ目の方法は、
窓に断熱シートを貼る
ということです。

冷気は窓から入ってくることが多いので、
断熱シートを貼るようにすることで
外からの冷気の侵入を防ぐことが大切です。

 

2,床に厚手のカーペットを敷く

 

2つ目は、
床に厚手のカーペットを敷く、
という方法です。

床に厚手のカーペットを敷くと
直接床に触れるよりも暖かいだけでなく、
床からの冷気の侵入対策にもなるので、
厚手のカーペットを敷くと
お部屋の熱が逃げにくくなります。

このような対策をすることで、
熱を逃げにくくすると
灯油ストーブを消してから
部屋が冷えるまでの時間が長くなりますし、
ストーブをつけてから
部屋が暖まるまでの時間も
短縮することができるはずです^^

 

まとめ

 

今回は、灯油ストーブは
つけっぱなしにするのと
こまめに消すのとではどちらが灯油代を
節約できるのかということについて
書いてみました。

灯油ストーブはこまめに消すと
節約になるかもと思っていたんですが、
つけたり消したりする回数が多くなると
灯油をたくさん消費してしまうだけでなく、
ストーブの故障リスクも高くなってしまうようです。

ということで
この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです(#^^#)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください