乾燥機で乾かしたタオルが臭い理由とは?臭くならない対策方法6つ!

我が家では、
花粉が飛ぶ時期になると
洗濯物を乾燥機で乾かすようにしているのですが…

この間、乾燥機でタオルを乾かしたら
タオルが酸っぱ臭く感じたんです(;´∀`)

タオルが臭うのって
生乾きが原因だと思っていたので…

「え、乾燥機でしっかり乾かしたのに
なんでこんなに臭いの⁉」

と驚いた私は、
乾燥機で乾かしたタオルが臭う原因
について気になって調べてみたところ、

私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、
乾燥機で乾かしたタオルが臭い理由や
タオルが臭くならない対策方法について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

乾燥機でしっかり乾かしたタオルが臭い理由とは?

 

乾燥機でしっかり乾かしても
タオルが臭いのは一体なぜ?
と疑問に思われている方も
少なくないようなんですが…

結論から言ってしまうと、
乾燥機でしっかり乾かしてもタオルが臭いのは、
洗濯時に落としきれなかった
雑菌が繁殖しているため
になります。

で、
タオルや洗濯物に雑菌が繁殖しやすい条件になるのが、

  1. 湿度(70%以上)
  2. 温度(20℃~30℃が最も発生しやすい)
  3. 栄養分(食品、皮脂汚れ、ホコリなど)
  4. 空気(酸素) 

という4つの条件なんですが、

タオルを使い終わって洗濯するまで、
このような条件が揃ってしまっていると、

タオルに雑菌が繁殖してしまい、
普通に洗濯するだけでは雑菌が落としきれなくなり、
「乾燥機でしっかりタオルを乾かしたのに
なんだかタオルが臭い…」
となってしまうことになってしまいます(;^ω^)

なので、
タオルが臭くならないようにするためには、
タオルを使い終わった後雑菌が繁殖しないように
対策を取ることが大切なんですが…

では、どうしたらタオルの雑菌対策が出来るのか?
ということについて次にご紹介していきたいと思います。

 

タオルが臭くならない対策方法6つ!

 

では、
タオルが臭くならないようにするための
対策方法を6つご紹介していきますので、
参考にしてみてください。

 

対策方法1・使用後のタオルは一度干してから洗濯カゴに入れる

 

タオルが湿ったままになっていると、
雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうので、
使用して濡れているタオルは
すぐに洗濯かごには入れずに
一度、干して乾燥させておくようにすると
雑菌の繁殖を抑えることが出来ます。

 

対策方法2・こまめに洗濯する

 

使い終わったタオルを長時間放置してしまうと、
雑菌が大量に繁殖してしまいやすくなってしまうので、
できるだけこまめに洗濯をするようにすると良いですね。

 

対策方法3・洗濯時に洗濯物を詰め込み過ぎない

 

できるだけまとめて洗濯物を洗っている
という方も多いかもしれませんが、
洗濯機の中に洗濯物をぎゅうぎゅうにつめこんでしまうと、
洗濯機の洗浄効果が弱くなってしまい、
汚れ落ちが悪くなってしまったり、
他の洗濯物の汚れが移ってしまう原因になり、
しっかり洗えなくなってしまうことがあります。

なので、洗濯する際は、
洗濯物の量を洗濯槽の7割くらいというふうにして、
多少余裕を持って洗うようにすると良いでしょう。

 

対策方法4・洗濯槽の掃除を定期的に行う

 

洗濯槽にカビが生えていると
洗濯物にカビが移ってしまい、
乾かしたタオルが臭くなってしまう原因になるので、
洗たく槽クリーナーを使って洗濯槽を
1ヶ月に1回の頻度で洗浄しておくと
洗濯物にカビがうつる心配がありません。

また、
洗濯後に洗濯機のフタを閉めたままにしてしまうと、
湿気が逃げず洗濯槽にカビが生えやすくなってしまうので
洗濯後は洗濯機のフタを開けたままにしてくださいね(^^)/

 

対策方法5・乾燥機で乾かす際は規定の乾燥容量で

 

乾燥機でタオルを乾かす時に
乾燥容量以上の量を入れてしまうと、
タオルがしっかり乾かず乾きムラがが出来る原因になります。

タオルがしっかり乾燥していないと、
湿った部分で雑菌が繁殖しやすいので、

乾燥機でタオルを乾燥させる場合は、
乾きムラが出来ないよう規定の乾燥容量を
守って乾かすようにしましょう。

 

対策方法6・乾燥機で乾かした直後は粗熱を取ってからしまう

 

乾燥機で乾かした直後のタオルは
完全に乾いているわけではなく、
若干湿っていて温かい状態になっているので、
乾燥機にかけてからすぐタオルを
タンスなどにしまってしまうと
雑菌が繁殖しやすいので注意が必要です。

なので、タオルを乾燥機から取り出した後、
粗熱が取れるまでは通気性の良い場所に軽く干して
それからタオルをしまうようにすると
タオルに雑菌が繁殖して臭いがするのを
防ぐことができますよ(^^)/

ちなみに、
乾燥機を使用した後は扉を閉めてしまうと
温かい空気が逃げず、雑菌が繁殖してしまいやすいので
乾燥機を使用した後は扉を開けたままにしてくださいね^^

 

タオルが臭いが酷い場合は一度、酸素系漂白剤でつけ置きすると良いかも

 

ここまでは、
乾燥機でしっかりと乾かしたタオルが
臭い原因や対策方法についてだったんですが、

タオルの臭いが酷い場合は
酸素系漂白剤でつけ置きすると
タオルの臭いを落とすことができるので
参考にしてみてくださいね^^

 

◆タオルを酸素系漂白剤でつけ置きする手順

  • ぬるま湯(人肌くらい)に酸素系漂白剤(粉末ハイター)を規定の量で入れる
  • タオルを入れ1時間ほどつけ置きする
  • タオルを水でよくすすぐ
  • 洗濯機にタオルを入れ普通コースで洗濯する
  • タオルを風通しが良いところに干す

というようにして
酸素系漂白剤でつけ置きしてから
洗濯機でタオルを洗濯していくのですが、

粉末の酸素系漂白剤に2時間以上つけ置きしてしまうと、
生地が傷んだり、色落ちしてしまう場合があるので
つけ置き時間は2時間以内にしてください。

 

まとめ

 

今回は、
乾燥機でしっかりと乾かしてもタオルが臭い理由や
タオルが臭くならない対策方法について
書いてみましたがいかがだったでしょうか?

乾燥機でしっかりと乾かしたつもりでも
タオルに雑菌が残ってしまっていたりすると
そこから雑菌が繁殖して臭くなってしまいやすいので
乾燥機で乾かしたタオルが臭くなってお困りの場合は、
もし良かったら先ほどの対処方法を参考にされてみてくださいね^^

ということで
この記事がなにかのお役に立てれば嬉しいです(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください