タオルの「無撚糸」の読み方や特徴!無撚糸の適切な洗濯の仕方とは?

タオルを新しく買い換えると
とっても気持ちが良いですよね?^^

最近、我が家で使っているタオルの
ほとんどが寿命を迎えていたので…

新しいタオルに買い換えよう!と思い、
どんなタオルがあるのか調べていたところ、
ふと、「無撚糸タオル」という種類のタオルがあり
とってもふわふわしている感じだったので、
気になったんですが、

「無撚糸って何て読むのかしら…?」

と、そもそも「無撚糸」の読み方も分からなかったので、

「無撚糸」のタオルは何と読むのか?や、
どんな特徴のあるタオルなのか、
という事についてさらに調べてみたところ…

私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、
無撚糸のタオルの読み方や特徴、
無撚糸を洗濯する時のコツについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

タオル「無撚糸」の読み方や特徴とは?

 

無撚糸タオルって
一体、どのようなタオルなのでしょうか?
このことについてご紹介する前に…

まず、無撚糸って
あまり普段の生活で使われる言葉ではないので、
「このタオル、なんて読むの?」
という方も多くいらっしゃるようです。

そんな私も
読み方が分からなかった1人なんですが…

無撚糸 →「むねんし」と読みます^^


そして、この無撚糸タオルは
どんな特徴のあるタオルなのか?
ということなんですが…

タオルの糸の種類には
「撚糸(ねんし)」、
「無撚糸(むねんし)」の2種類があり、

無撚糸のタオルは、
糸をねじったり、ひねったりしないタイプのタオルなので、
肌触りが柔らかくふわふわ感を存分に楽しめるタオルになります。

一方、撚糸タオルは、
糸をねじったり、ひねったりしてあるため
強度がしっかりして長持ちしやすい分、
肌触りはやや固くなってしまうのです。

なので、無撚糸タオルは、
タオル本来のふんわり感が欲しい人には
うってつけのタオルといえそうですね♪

 

一度、普通のタオルと無撚糸タオルの
違いについてまとめておくと、
無撚糸タオルは撚糸タオルよりも…

  • ふんわりとした柔らかい肌触り
  • タオルにボリューム感がある
  • 吸水性が高い

といった3つの特徴があり、
糸と糸の間に隙間が多く
空気をたくさん含むことができるので
ふわふわで吸水性があるタオルなんです。

ただ…
無撚糸タオルは糸をねじったり
ひねったりしていない分、
繊維同士のつながりが弱いので
羽毛立ちの量が多いという弱点もあります。

 

ちなみに、
タオルの有名ブランド今治タオルの品質基準で言うと
羽毛立ち(脱毛率)はパイル地(撚糸)0.2%、
無撚糸0.5%となっており、
無撚糸タオルはややパイル抜けが気になりそう…

そこで、無撚糸タオルの羽毛立ち対策として
洗濯する時の3つほどコツがありますので
次にご紹介していきたいと思います^^

 

無撚糸タオルを洗濯する時のコツ3つ!

 

ここまでは、
無撚糸の読み方や無撚糸の特徴について
ご紹介したんですが…

ここからは、
無撚糸タオルを洗濯する時の3つのコツ
をご紹介していきたいと思います^^

 

1・洗濯ネットを使用する

 

無撚糸タオルを洗濯する時のコツ1つ目は、
無撚糸タオルを洗濯ネットに入れて洗う
ということになります。

タオル同士の摩擦が多いと
羽毛立ちの量も多くなってしまうので、
タオルの摩擦が少なくなるように
タオルを洗濯ネットに入れて
洗濯をすると良いでしょう。

 

2・水量を多めにして洗う

 

無撚糸タオルを洗濯する時のコツ2つ目は、
無撚糸タオルを洗う時は水量を多めにして洗う
ということになります。

洗濯槽にぎゅうぎゅうに詰め込んでしまうと
タオルの摩擦も多くなってしまうので、
標準コースよりも多少水量を多めにして
タオルを泳がせるように洗うと
摩擦が少なくなり羽毛立ちを
少なくすることができます。

 

3・柔軟剤を使用しない

 

無撚糸タオルを洗濯する時のコツ3つ目は、
無撚糸タオルを洗う時は柔軟剤を使用しない
ということになります。

柔軟剤を入れて洗ってしまうと、
繊維の表面をコーティングしてなめらかになるんですが
タオルの繊維が抜け落ちて
羽毛立ちを悪化させてしまう原因になるので

タオルを洗濯する場合は、
柔軟剤を使用しない方が無難です。

 

まとめ

 

今回は、
無撚糸のタオルの読み方や特徴、
無撚糸を洗濯する時のコツについて
書いてみましたがいかがだったでしょうか?

無撚糸(むねんし)タオルは
糸をねじたりひねったりしないので
繊維本来の柔らかさでふんわりとした肌触りや
吸水性が高いタオルなんですが、

繊維同士のつながりが弱く、
羽毛立ちしやすいデメリットがありますので、
取扱いはややデリケートになりますので、
今回ご紹介した洗濯のコツを参考にして、
毛羽立ち対策をされてみてください。

ということで
この記事が何かのお役に立てれば幸いです(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください