タオルで蒸し器の蓋を包んで良い?ふきんをタオルで代用する注意点!

蒸し器で調理するときって、
蒸し器の蓋をふきんで包むのが
一般的ですよね?

先日、
蒸し器を使ってシュウマイを
作ろうとした時のことなんですが…

蒸し器の蓋をふきんで包もうと思ったら、
ふきんを洗濯していたので
蓋を包むふきんがなかったんです(;´∀`)

「蒸し器で調理するときって
必ずふきんで蓋を包まないといけないけど
どうしたら良いのかしら…」

と、蒸し器の蓋を包むふきんの
代わりに代用出来るものはあるかどうか
探してみたところ…

ふと、目についたのが、
フェイスタオルだったんです。

「フェイスタオルならふきんと同じで
水分を吸収するのには変わりないから大丈夫かも!」

と思ったんですが、
蒸し器の蓋をタオルで包んで
調理しても良いのかどうか?
分からなかったので、
このことについて調べてみたところ…

私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、
蒸し器の蓋をタオルで包んで調理するのはアリかどうか?
ふきんの代わりにタオルで代用する時の注意点について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

蒸し器の蓋を包むふきんの役割とは?タオルで代用して良いの?

 

そもそも、
蒸し器の蓋をふきんで包むのには
どんな役割があるのかというと…

蒸し器で食材を調理し終わって蓋を開けた時、
蓋に付いた水蒸気が食材にたれてしまうのを防ぐ
という役割があります。

なので、
蒸し器の蓋を包むふきんがなかったとしても…
蒸し器の蓋につく水蒸気を吸収できるものであれば、
ふきんの代用として使うことができるというわけなので、
ふきんの代わりにタオルで代用して蒸し器の蓋を包んでも問題ない
ということになります^^

ただ…
ナイロンやポリエステルの合成繊維で作られた
マイクロファイバータオルは
「吸水性や速乾性が高く熱に弱い」
という特徴があるため使用しないようにしてください。

このようなタオルは耐熱温度が
80℃くらいなので水蒸気の熱に耐えきれず、
縮んだり穴が空いてしまう可能性があります。

ちなみに、
蒸し器の蓋を包むのに適したタオルの素材は、

  • 綿100%
  • 麻100%

のような天然繊維100%のものが良いですね。

タオルについているタグを見ると…

このように素材が記載されているかと思いますので
分からない場合は確認してみてくださいね^^

 

タオルで蒸し器の蓋を包む時の注意点4つ!

 

ここまでは、
蒸し器の蓋を包むふきんの役割や
タオルで代用しても良いのかどうか?
ということについてご紹介したんですが…

ここからは、
タオルで蒸し器の蓋を包む時の4つの注意点
についてご紹介していきたいと思います^^

 

1・新しいタオルを使用しない

 

タオルで蒸し器の蓋を包む時の注意点1つ目は、
新しいタオルはホコリが出やすいので使用しない
ということになります。

新しいタオルは羽毛立ちして
ホコリが大量に出てきてしまい
食材にくっついたりする可能性があるので、

新しいタオルやホコリが出やすいタオルは
蒸し器の蓋を包むのには
使用しない方が良いでしょう。

 

2・使い捨てOKのタオルを使う

 

タオルで蒸し器の蓋を包む時の注意点2つ目は、
使い捨てしてもOKのタオルを優先的に使う
ということになります。

蒸し器の蓋をタオルで包んで調理しているうちに、
食材の油や臭いが染み付いてしまうと、
洗っても臭いが残ってしまう場合があるので、
捨ててしまっても構わないタオルがあれば、
そのタオルを使用すると良いかもしれません。

 

3・タオルを水で濡らしてから使う

 

タオルで蒸し器の蓋を包む時の注意点3つ目は、
タオルを水で濡らして軽く絞ってから使用する
ということになります。

タオルがほどけて引火してしまう
という可能性もあり危険ですので、
万が一に備えて、乾燥したタオルではなく
一度水で濡らして絞ったタオルを使用しましょう。

 

4・タオルを蓋の上部でしっかりと結ぶ

 

タオルで蒸し器の蓋を包む時の注意点4つ目は、
タオルを蓋の上部でしっかりと結ぶ
ということになります。

調理していてタオルがほどけてしまったり、
ぶつかって蓋がずれてしまったりすると、
タオルが引火してしまう危険があるので…

 

 

このように、
タオルを蓋の上部で
しっかりと結ぶようにしましょう(^^)/

タオルが短く結び目が届かない場合は、
輪ゴムで止めることも出来るので、
お使いのタオルに合った方法で
結ぶようにしてみてくださいね^^

 

まとめ

 

今回は、
蒸し器の蓋をタオルで包んで調理するのはアリかどうか?
ふきんの代わりにタオルで代用する時の注意点について
書いてみましたがいかがだったでしょうか?

蒸し器の蓋を包むふきんがない…という場合は、
ふきんの代わりにタオルでも代用できるんですが…
熱に弱いマイクロファイバータオルは使用せずに
綿100%、麻100%のタオルを使用してくださいね。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください