タオルの羽毛立ち(ホコリ)を解決!何回洗濯すると羽毛立ちしない?

先日、
粗品で頂いたタオルが大量に溜まっていたので
「少しずつ減らしていこう!」と思い、
一度に10枚ほど洗濯をしたんですが…

乾いたタオルでお茶碗を拭いてみたら
お茶碗に大量のホコリがくっついたんですΣ(´∀`;)

「え、何これ⁉」

と驚いた私は、とりあえず
コロコロでタオルのホコリを取り除いたんですが…

どうして、洗ったタオルに
大量のホコリがついてしまっているのか?
気になって調べてみたところ、
新しいタオルは羽毛立ちがしやすい
ということだったんですね。

そして、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、タオルの羽毛立ちの原因や
タオルの羽毛立ちは何回洗濯すると治まるのか、
タオルが羽毛立ちしないようにする対策方法
についてみなさんにシェアしていきたいと思います^^

 

タオルが羽毛立ちする原因とは?

 

新しいタオルを洗濯したら
ホコリが大量に出てきて
他の洗濯物がホコリだらけになったり、
身体を拭くとホコリが付いたり…

このようにタオルが
羽毛立ちしてしまうのは
一体、なぜなのでしょうか?

結論から言ってしまうと、
タオルが羽毛立ちしてしまうのは、
洗濯した時にタオルの繊維が擦れ合い、
摩擦によって
タオルの繊維が抜け落ちてしまっているから
になります。

特に新しいタオルには
タオルの製造時に落としきれなかった
ホコリやゴミが付着してしまっていてたり、
タオルの繊維の表面がデリケートなので
洗濯をした時にたくさんのホコリが
出てきてしまうということなんですね。

なので、
タオルは羽毛立ちは洗濯する限り
どうしても起きてしまうんですが…

このタオルの羽毛立ちを少なくする
対策方法が5つあるので
次にご紹介していきたいと思います^^

 

タオルの羽毛立ちを少なくする対策方法5つ!

 

では、
タオルの羽毛立ちを少なくする
対策方法を5つ見ていきましょう!

 

対策方法1・洗濯する前にタオルのホコリを取る

 

タオルの羽毛立ちを少なくする対策方法1つ目は
洗う前に、タオルについているホコリを取る
ということになります。

先程もお話しましたが、
新しいタオルには製造時に落としきれなかった
ホコリやゴミが付着していることがあるので、
タオルの端を持ってパンパンとしたり、
コロコロでホコリを取っておくようにすると、
タオルを洗った時の羽毛立ちを少しでも
防ぐことが出来るでしょう。

 

対策方法2・タオルを洗う時に柔軟剤を使用しない

 

タオルの羽毛立ちを少なくする対策方法2つ目は、
タオルを洗う時は柔軟剤を使用しない
ということになります。

柔軟剤を入れて洗ってしまうと、
繊維の表面をコーティングしてなめらかになるんですが
タオルの繊維が抜け落ちて
羽毛立ちを悪化させてしまう原因になるので

タオルを洗濯する場合は、
柔軟剤をしようしないでくださいね^^

 

対策方法3・タオルを洗う時は水量を多めにする

 

タオルの羽毛立ちを少なくする対策方法3つ目は、
タオルを洗う時は水量を多めにして洗う
ということになります。

タオルを洗濯機にたくさん入れてしまうと
摩擦で繊維が抜け落ちやすくなってしまうので、

タオルを洗う時には
水量を多めにして洗濯するようにしましょう。

 

対策方法4・タオルを洗濯ネットに入れて洗う

 

タオルの羽毛立ちを少なくする対策方法4つ目は、
タオルを洗濯ネットに入れて洗う
ということになります。

タオル同士の摩擦が多いと
羽毛立ちの量も多くなってしまうので、
タオルの摩擦が少なくなるように
タオルを洗濯ネットに入れて
洗濯をすると良いでしょう。

 

対策方法5・洗濯槽の掃除を定期的に行う

 

タオルの羽毛立ちを少なくする対策方法5つ目は、
洗濯槽の掃除を定期的に行う
ということになります。

洗濯槽にホコリやゴミが溜まっていると
洗濯機の洗浄効果が弱くなり
タオルがしっかりと洗えないので、

洗たく槽クリーナーを使って洗濯槽を
1ヶ月に1回の頻度で洗浄しておくと良いです。

 

新しいタオルは何回洗濯すると羽毛立ちしなくなるの?

 

というわけで、
タオルの羽毛立ちを少なくする対策方法は
5つあるということだったんですが…

新しいタオルもずっと
羽毛立ちするというわけですね。
では、何回洗濯すると
羽毛立ちが目立たなくなるの?

ということなんですが、
タオルの羽毛立ちがなくなってくる目安は
タオルを2~4回洗濯した頃が目安になります。

ちなみに、
タオルの表面を見てみると
一本ずつ糸が縫い込まれているのですが、
この糸(パイル)が短ければ短いほど
繊維の量が少なく羽毛立ちが早めに終わるんですが…
糸(パイル)が長ければ長いほど
繊維の量が多いので羽毛立ちの期間が長引いたりと
若干洗濯の回数にも幅がありますし、

また、
起毛加工がされているタオルは
本来タオルの表面を摩擦によって
もこもこさせているので
羽毛立ちしやすい傾向があります。

もし、
タオルの羽毛立ちがどうしても
気になってしまって嫌…という場合には、
新しいタオルを購入する際は
起毛加工されていないタオルを選ぶ、又は
フワフワ感は若干物足りなくなってしまいますが、
タオルのパイルが短いものを選ぶと良いかもしれません^^

 

まとめ

 

今回は、タオルの羽毛立ちの原因や
タオルの羽毛立ちは何回洗濯すると治まるのか、
タオルが羽毛立ちしないようにする対策方法
について書いてみましたがいかがだったでしょうか?

新しいタオルって羽毛立ちしてしまうので
ちょっと面倒なんですが…
2~4回洗濯をすると羽毛立ちしなくなり
普通に使えるようになってきますので、

始めのタオルは大変ですが
ご紹介した対策方法を参考にしながら
対処されてみてくださいね^^

ということで、
この記事がなにかのお役に立てれば幸いです(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください