タオルが部屋干しで臭くならない洗剤はある?タオルが臭い原因とは?

「天気が良くてタオルを外干しできた日は
タオルの臭いが気にならないのに、
雨でタオルを部屋干しすると臭いがヤバイんですが、
部屋干しでタオルが臭くならない洗剤ってあるのでしょうか?」

先日、ふとこんなことを疑問に思ったんです。

というのも、
部屋干しする時は部屋干し用洗剤を
使って洗濯しているのに
タオルが臭くなってしまうからだったんですが、

この事について調べてみたところ、
私と同じ疑問を持っている方も少なくないようだったので、

今回は、タオルが部屋干しで
臭くならない洗剤はあるのか?や、
そもそも何が原因でタオルが臭いのか?
ということについて、
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

 

部屋干しタオルが臭くなる原因とは?

 

タオルを部屋干しすると、
臭くなってしまう…
という事でお悩みの方も多いようですが、

そもそも、
部屋干ししたタオルの臭いの原因は何なのでしょうか?
まず、このことについて少し触れておきたい思うんですが、

結論から言ってしまうと、
タオルが臭う原因は、
タオルに雑菌が繁殖しているから
ということになります。

もう少し詳しく説明すると、
タオルの臭いの原因となる菌は
「モラクセラ菌」というのですが、
モラクセラ菌がタオルに繁殖すると、
タオルの水分や皮脂汚れなどを栄養源に
どんどん増えていきます。

そして、モラクセラ菌は糞を出すのですが、
この糞がタオルの雑菌臭の原因だったんですΣ(´∀`;)

 

また、
モラクセラ菌が繁殖しやすい条件は…

  1. 湿度(70%以上)
  2. 温度(20℃~30℃が最も発生しやすい)
  3. 栄養分(食品、皮脂汚れ、ホコリなど)
  4. 空気(酸素) 

というように4つあり、
この条件がそろうとモラクセラ菌が
一気に繁殖してしまいます。

天気が良い日にタオルを天日干しする場合は
これらの条件が揃わないので、
タオルが臭くなることがあまりないのですが、

雨の日などでタオルを部屋干しする場合は、
湿度が高く部屋の中なので温度も十分あり、
タオルが乾くまでに時間がかかってしまうため
モラクセラ菌が繁殖してタオルが臭くなってしまいます。

まさか、タオルのあの臭いが雑菌の糞の臭いだったなんて…
と思うと余計ショックが大きいかもしれませんが、
モラクセラ菌は人に悪影響はないそうなので、
とりあえず臭い意外は気にしなくて良さそうです。

部屋干ししたタオルが絶対臭くならない洗濯洗剤はある?

 

ということで、
タオルを部屋干しすると臭くなる原因は
先程お話した通りなんですが、

タオルが部屋干しで臭くならない
洗濯洗剤はあるのでしょうか?
「もしあるのであれば知りたい!」
という方も多いと思いますが、

残念ながら、
部屋干ししたタオルが絶対に臭くならない洗濯洗剤はありません。

どんな洗濯洗剤を使用したとしても
タオルの汚れや雑菌を落とせるのには限界があり、
完全に汚れや雑菌を落とすことは出来ないので、

洗濯洗剤を別なものに変えるというような対処法では、
タオルが部屋干しで臭わなくなるという事はないでしょう。

ですが、
普通の洗濯洗剤では落としきれない汚れや雑菌は
酸素系漂白剤で漬け置きすると撃退することが出来
雑菌臭がしなくなるので次に、
その方法をご紹介していきたいと思います。

 

タオルの雑菌臭を酸素系漂白剤で漬け置きして撃退する方法!!

 

タオルの雑菌臭に悩まされている場合は、
タオルを酸素系漂白剤でつけおきして、
タオルに繁殖してしまった雑菌を撃退しましょう。

 

◆タオルを酸素系漂白剤でつけ置きする手順

  • ぬるま湯(人肌くらい)に酸素系漂白剤(粉末ハイター)を規定の量で入れる
  • タオルを入れ1時間ほどつけ置きする
  • タオルを水でよくすすぐ
  • 洗濯機にタオルを入れ標準コースで洗濯する
  • タオルをなるべく風通しの良い場所に干す

このように、タオルを普通に洗濯する前に、
酸素系漂白剤でつけ置きすると、
雑菌を撃退することができるので、
部屋干ししてもタオルが臭くなりません^^

なので、ぜひ試してみてほしいのですが、

タオルを酸素系漂白剤に漬け置きする場合は…

  • 色の濃いタオルと一緒につけ置きしない
  • つけ置きする時間は2時間以内にする

ということに注意してください。

色の濃いタオルは色落ちしたり
色移りする原因になるので、
分けてつけ置きするようにしましょう。

また、酸素系漂白剤に2時間以上つけ置きしてしまうと、
タオルの生地が傷んだり、色落ちしてしまう場合があるので
つけ置き時間は2時間以内にしてくださいね(^^)/

 

タオルを部屋干しする時臭わなくする5つのコツ!

 

では、ここからは、
タオルを部屋干しする時臭わなくする
5つのコツについてご紹介していきます。

 

コツ1・タオルをこまめに洗濯する

 

部屋干ししたタオルを臭わなくするコツ1つ目は、
タオルをこまめに洗うようにする
ということになります。

使用後のタオルに雑菌が増殖してしまうと
タオルの臭いが取れなくなる原因になるので…
使用後のタオルはできるだけ早く洗濯をして、
清潔な状態にしておくと良いでしょう。

 

コツ2・洗濯が終わったらなるべく早く干す

 

部屋干ししたタオルを臭わなくするコツ2つ目は、
洗濯が終わったらなるべく早く干す
ということになります。

タオルが濡れたまま放置した時間が
長ければ長い分、雑菌が繁殖して臭いの原因になるので、
洗濯が終わったらなるべく早く干すようにしましょう!

 

コツ3・干す前にタオルの端を持って10回振る

 

部屋干ししたタオルを臭わなくするコツの3つ目は
干す前にタオルの端を持って10回振ってから干す
ということになります。

タオルを干す前に10回くらい振ると
洗濯によって倒れてしまったパイルが起きて、
通気性がよくなりタオルが乾きやすくなるので
雑菌が増殖して臭くなるのを防ぐことが出来ますよ。

 

コツ4・タオルが乾きやすいように工夫して干す

 

部屋干ししたタオルを臭わなくするコツの4つ目は、
タオルが乾きやすいように工夫して干す
ということになります。

例えば、
干す時にタオルの端と端が揃うようにかけると
通気性が悪くタオルが乾きにくくなってしまうので、
タオルの端と端をずらして干すと良いでしょう^^

 

コツ5・部屋に湿気がこもらないようにする

 

部屋干ししたタオルを臭わなくするコツ5つ目は、
換気扇をつけたり、扇風機を回して部屋に湿気がこもらないようにする
ということになります。

タオルを干している部屋を締め切っていると
部屋に湿気が溜まり乾きにくくなってしまうので、
換気扇をつけたり、扇風機で風通しを良くすると
タオルが臭うのを防ぐことができます。

 

タオルが古くなっている場合は寿命かも…

 

タオルが臭いだけであれば、
酸素系漂白剤でつけおきすれば
臭わなくすることができますが、

タオルがゴワゴワで肌触りが
固くなってきてしまっていたり、
タオルが変色してしまって取れない…
というような場合は、
タオルの寿命かと思いますので、

雑巾などに使って捨てて、
新しいタオルに切り替えても良いかもしれません。

ただ、ゴワゴワしているタオルを
ふわふわにする方法はありますので、
もし試してみて復活するようであれば、
まだまだ使っていけるかと思います。

・タオルをふわふわにする方法

 

まとめ

 

今回は、
部屋干ししたタオルが臭くなる原因や
タオルを部屋干ししても臭くならない洗剤はあるのかどうか?
などについて書いてみましたがいかがだったでしょうか?

部屋干ししたタオルが臭くなる原因は、
タオルにモラクセラ菌が繁殖し、
糞をする事が臭いの原因なんですが、
普通の洗濯洗剤ではモラクセラ菌を除菌できず、
臭いを撃退することは出来ないので、

タオルが臭う場合は、洗濯する前に
タオルを酸素系漂白剤でつけおきすると
部屋干ししても臭わなくなるので、
もしよかったら試してみてくださいね♪

ということで
この記事が何かのお役に立てれば幸いです(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください