隣のテレビの音がうるさい時の対策方法!どうすれば静かになる?

「隣の部屋のテレビの音がうるさくて
寝られないのですが、
こういう時はどうしたら良いのでしょうか?」
こんな悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

少し古いアパートだったりすると、
壁が薄くてテレビの音が筒抜け…
なんてことも少なくありませんが、
だからといって隣の人に迷惑になるような
音量で夜中や早朝テレビを見ていい
ということにはなりません。

そこで、今回は隣の部屋のテレビの音が
うるさいときの対策方法について、
みなさんにシェアしていきたいと思います。

隣のテレビの音がうるさい時の対策方法!どうすれば静かになる?

 

隣の部屋のテレビの音がうるさい…
そんな時の対策方法について、
安全度が高いものから順にご紹介していきます。

 

安全度100・耳栓などで防音する

 

「隣の部屋のテレビの音がうるさい…
だけど今日だけかもしれない…」

このような時は耳栓をして防音したり、
音が聞こえてくる壁から離れるようにしたり、
壁の前に家具を置いたりして、
テレビの音が気にならないようにする
という対策方法が最も安全です。

これまでテレビの音量がうるさくなかった場合は
たまたまですぐ改善されるかもしれませんので、
自分でできる防音対策をして
少し様子見をすると良いかもしれません。

また、ずっと隣にいると
テレビの音がうるさくてイライラしてしまう…
という場合は少し外出して用事を済ませるなどして
時間をおいて見るのも良いでしょう。

 

安全度90・大家さんや管理会社に連絡する

 

隣のテレビの音量で困っている場合は、
大家さんや管理会社に連絡して、
対応してもらうようにすると良いでしょう。

大家さんや管理会社は、
こうしたトラブル対応にはなれており、
自分で注意したりするよりも
うまく解決してくれる可能性が高いです。

もし、自分で相手の部屋に行って
テレビの音量を下げるように説得してしまうと、
そこからトラブルに発展してしまう…
ということも考えられますので、
まずは大家さんや管理会社に相談する
という方が時間はかかりますが
得策なのではないかと思います。

 

安全度70・テレビの音量が高い時壁をコンコン叩く

 

隣の部屋がうるさい時壁をコンコン叩く
という対策も使われる事が多いですね。

隣にどんな人が住んでいるか分からない場合は、
ややリスクがありますが、
コンコン叩くことで相手に
「テレビの音がうるさいですよ」
という意思表示をすることができますので、
相手が意図に気づくことができる人であれば、
テレビの音量を下げるはずです。

 

安全度60・ポストに手紙を入れる

 

コンコン壁を叩いてもテレビの音量が下がらなかった…
このような場合は相手が壁を
叩かれていることに気づいていなかったり、
壁を叩かれている理由を分かっていない可能性があるので、
ポストに匿名で手紙を入れて
テレビの音量に配慮してもらうのも良いでしょう。

 

安全度40・壁ドンする

 

壁をコンコンと軽く叩くのではなく、
ドンと叩いてテレビの音量に抗議する
というのも1つの方法です。

ただ、この方法の場合は、
やや攻撃的なため相手の感情を逆なでしてしまう可能性があり、
円満に物事が運びづらくなってしまう
という側面もあるのでリスキーではあります。

また、壁を壊してしまう可能性もあるので、
壁ドンをする際は壁の強度にも注意してください。

 

安全度30・相手に直接伝える

 

いろいろやってみてもなかなか
テレビの音量が下がらないという場合は、
やはり相手に合って直接伝える
というのも1つの方法になります。

相手が良い人であれば
テレビの音量は改善されるでしょう。

しかし、少しクセのある人だった場合は、
余計問題がこじれてしまう可能性もあるので
安全度的にはやや低めになります。

 

安全度20・警察に相談する

 

ここまでに紹介してきた対策方法を試してみても、
テレビの音量が変わらないという場合は、
警察に相談してみても良いかもしれません。

警察は民事不介入の原則があるので、
助けてもらうのが難しいのでは…
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
いろいろ対策を取ってみても無駄だったことや、
どれくらい困っているかを伝えることができれば、
力になってもらえる可能性はあります。

 

まとめ

 

今回は、隣のテレビの音がうるさい時の
対策方法について安全度順にご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

こうした隣人トラブルは避けられない部分もありますが、
もし起こってしまった場合は、
できるだけ円満に解決することができるよう
穏便に済ませられるよう対処していきましょう。

また、悪質な隣人がいる場合には
思い切って引っ越してしまう
というのも根本的な解決になるのでおすすめです。

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください